ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マーケティングの理想は販売を不要にすること

上田惇生
【第90回】 2008年9月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
断絶の時代
ダイヤモンド社刊
2400円(税別)

 「マネジメントの仕事は、組織をして成果をあげさせることである。ここにいう成果とは、社会に対する貢献である」(『変貌する経営者の世界』)

 組織の内部に発生するものは、コストであって成果ではない。いかに生産性の高い工場といえども、製品が売れなければコストの発生源にすぎない。

 企業は市場の支配下にある。この市場の力ゆえに、いかに強大な企業といえども、組織内部への関心を組織外部における成果に従属させざるをえない。

 これまでマーケティングは、販売に関係する全職能の遂行を意味するにすぎなかった。だが、それではまだ、われわれの製品からスタートしている。

 マーケティングは顧客からスタートする。顧客の現実、欲求、価値から始まる。「われわれの製品にできることはこれである」ではなく「顧客が価値ありとし、必要とし、求めている満足はこれである」という。

 マーケティングが目指すものは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである。だが、ほとんどの企業が、マーケティングのことを製品を売り、引き渡すことによって報酬を得るための体系的な活動としか理解していない。

 「販売とマーケティングは逆である。同じ意味でないことはもちろん、補い合う部分さえない。なんらかの販売は必要である。だが、マーケティングの理想は販売を不要にすることである」(『断絶の時代』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧