ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

転換期にあって重要なことは
マネジメントの基本と原則を確認すること

上田惇生
【最終回】 2014年1月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社刊
2100円

 「マネジメントはいまや、先進社会のすべて、すなわち組織社会となった先進社会のすべてにとって、欠くことのできない決定的機関である」(『エッセンシャル版 マネジメント──基本と原則』)

 ドラッカーは、大中小さまざまの企業、病院、大学、政府機関とかかわりを持つ過程において、マネジメントが決定的機関となり、そのマネジメントには基本と原則があることを痛感していった。

 そこで彼は、数年をかけてマネジメントの基本と原則を集大成した。集大成であるからして、無味乾燥の百科事典となってなんらおかしくなかった。ところが、この大部の本は読む人に感動を与えた。

 たとえば、今日も躍進中の米国の証券会社、エドワード・ジョーンズ社のトップは何通も手紙を書いた。「全社をあげて心酔しており、コンサルティングをお願いしたい」。

 その『マネジメント』の厚さに音をあげる人のために、ドラッカー本人と相談しつつ、英語のまま短縮した後に翻訳したものが、かつてのベストセラー『抄訳マネジメント』であり、今日のベストセラー『エッセンシャル版マネジメント』だった。

 これまた、百科事典のエッセンシャル版として味わいのないものになるどころか、感動のDNAはそのまま保たれた。マネジメントの基本と原則こそが、感動のDNAだったのである。なぜなら、マネジメントとは、誇り高く心躍らせるべきものだからである。

 事実、そのDNAに突き動かされた人は多い。その一人が、あっという間に発行部数100万部を突破したビジネス書、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』、通称『もしドラ』を書いた岩崎夏海さんだった。

 ドラッカーは、『エッセンシャル版』の冒頭、「日本の読者へ」において、こう書いている。

 「自らの国、経済、産業、事業がいま直面する課題は何か、問題は何か、そしてそれらの課題、問題、意思決定に適用すべき基本と原則は何かを徹底して考えていっていただきたい。さらには、一人の経営者、社員として、あるいは一人の知識労働者、専門家、新入社員、学生として、自らの前にある機会と挑戦は何か、自らの拠り所、指針とすべき基本と原則は何かを考えていっていただきたい」(『エッセンシャル版 マネジメント』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧