ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第11回】 2013年5月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

大学院の社会人入試に必須
「研究計画書」の意義と役割がわかるロングセラー
『研究計画書の考え方――大学院を目指す人のために』

1
nextpage

語学やITスキル、資格などキャリアアップのために夜間や休日にスクールに通うビジネスマンは多くいますが、特定の分野についてさらに突き詰めたいと考える人にとって、大学院の社会人入試は選択肢のひとつとなっています。「大学でやり残したことがある」「仕事を始めてより詳しく学びたくなった」など、大学院が頭をよぎったことのある人も多いのではないでしょうか。
大学院は「小論文」と「研究計画書」のみで受験できる場合も多く、社会人に向けて大きく門戸が開かれています。さて「研究計画書」とは?この謎の提出必須書類についていちはやく解説した書籍『研究計画書の考え方』が今回の1冊です。

国の重点化政策で定員増
社会人からも入りやすくなった大学院

妹尾堅一郎著『研究計画書の考え方』
1999年3月刊行。ダイヤモンド社でかつて発行していた、キャリアアップをテーマにした月刊誌『Executive』に掲載されていた好評連載を書籍化したものです。

 文科省が大学院重点化政策を打ち出したのは1991年度でした。東京大学や京都大学など、旧帝国大学の教官は全員大学院所属となり、1、2年生の教養部が廃止されて新しい学部が生まれました。「国際文化××学部」といった名称はこのころから増えています。そして大学院生の定員が大幅に増えることになったのです。

 以来22年、大学院修了者は増え続け、同時にオーバードクターも増え続けています。もちろん文科系と理科系に違いはあるものの、人数が増えれば高いレベルの院生も増えるでしょうが、「本当にマスター?」というレベルの院生も増えることになります。これはいたしかたないところでしょう。文科省も最初からわかっていたに違いありません。

 大学院生の数は、2012年の調査(文科省)によると修士課程16万8903人(人文・社会科学系約3万人)、博士課程7万4316人(同約1万3000人)、専門職2万70人(同約1万7000人)。この数年はやや増加傾向です。それにしても膨大な数ですね。

 社会人大学院生も増えています。各大学の大学院入試要項を見ると、「一般入試」と「社会人入試」があり、「社会人入試」は「研究計画書」の提出と「小論文」試験と面接だけで合否が決まる大学もあるようです。筆記試験は「小論文」だけ、なんてこともあるのでしょう。英語くらいはあるのかな。

 文科系についていえば、門戸は想像を絶するほど広くなり、ほとんどだれでもどこかの大学院に入れる時代なのです。学費は国立も私立も大きな差はなく、国立で年間50万円台、私立で80万円台です。専門職大学院は別で、うんと高く、100万円を軽く超えます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧