ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
組織の不調は社員を枯らす!職場の不快感に効く「メンタル・マネジメント」

「スーパー派遣さん」は職場に埋もれていないか?
“人財”損失を防ぐ脳内シミュレーションのススメ

――処方箋㉒ 「社会的交換理論」を基に価値のある人材を見極めろ

渡部 幹 [モナッシュ大学マレーシア校 スクールオブビジネス ニューロビジネス分野 准教授]
【第22回】 2013年5月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

退社時の引き継ぎ作業を見て上司も仰天
「派遣さん」の仕事の質量は正社員3人分?

 ある「派遣さん」の話だ。

 彼女は、中堅企業の専門プロジェクトの総務兼経理として、4年前に雇われていた。その前には同じ会社の別部門で働いていたため、すぐに仕事も覚え、気がつくとそのプロジェクトの専門家となっていた。

 その彼女は家族の都合で、この夏に退社することになった。

 基本的に、そのプロジェクトの総務関係および取引先との交渉窓口は、全て彼女が行っていたので、その仕事量はかなりのもので、夏の退社に備えて今から引き継ぎ作業を行う必要があった。

 「正社員」である彼女の直属の上司は、その引き継ぎ作業を始めて、度胆を抜かれたという。

 彼女の行ってきた仕事量とその質の高さは、平凡な正社員の比ではなかった。また、引き継ぎに備え、誰にでもわかるように、ファイル、フォルダ類を全て簡潔に整理し、自分の退社以降想定される仕事の書類のひな型もすべて揃えてあった。提出時にアップデートされているであろうデータをはめ込むだけで、提出可能な状態にまで準備されていたのだ。

 また、自分の退社以降に不明な点が生じた場合、どの資料を参照すべきか、取引先や他部署の誰に問い合わせるべきかの情報も、全てファイルに埋め込まれていた。

 その上司は、小さな子どもが2人いて、同じく仕事をしている奥さんとともに、仕事と子育てを両立している「イクメン」だ。したがって、子育てしながらの業務の大変さはよくわかっていた。

 その「派遣さん」も、同じく小さな子どもが2人いて、定時より1時間早く退社する契約となっていた。つまり残業、土日の就労は一切なしで働いていたのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

渡部 幹(わたべ・もとき)
[モナッシュ大学マレーシア校 スクールオブビジネス ニューロビジネス分野 准教授]

UCLA社会学研究科Ph.Dコース修了。北海道大学助手、京都大学助教、早稲田大学准教授を経て、現職。実験ゲームや進化シミュレーションを用いて制度・文化の生成と変容を社会心理学・大脳生理学分野の視点から研究しており、それらの研究を活かして企業組織にも様々な問題提起を行なう。現在はニューロビジネスという大脳生理学と経営学の融合プロジェクトのディレクターを務めている。代表的な著書に『不機嫌な職場 なぜ社員同士で協力できないのか』(共著、講談社刊)。その他『ソフトローの基礎理論』(有斐閣刊)、『入門・政経経済学方法論』、『フリーライダー あなたの隣のただのり社員』 (共著、講談社)など多数。


組織の不調は社員を枯らす!職場の不快感に効く「メンタル・マネジメント」

職場で「不快感」を訴える社員が急増している。成果主義的な評価制度を導入する企業が増えたことにより、チームワークよりも自分の業績を重視する社員が増え、「ギスギス職場」が生まれているからだ。一方で、年功序列と終身雇用が崩壊しつつある職場では、職場の「世代間ギャップ」もかつてなく広がっている。こうした職場は結束やコミュニケーションを失い、社員の不快感は増していく。職場の不快感を取り除くには、制度的な「仕組み」を導入するだけでは不十分だ。部下1人1の「心」に効く、メンタル・マネジメントの方法論を上司が体系的に理解しておく必要がある。この連載では、日本の職場で起こりがちな「不快感」の臨床例を毎回わかりやすく紹介し、それを解決するメンタル・マネジメントの方法論を、社会心理学的な視点を織り交ぜながら、詳しく解説していく。

「組織の不調は社員を枯らす!職場の不快感に効く「メンタル・マネジメント」」

⇒バックナンバー一覧