ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
働く男女の「取扱説明書」

男の注意力・記憶力に危機!
「部下の名前を覚えられない上司」
「妻の変化に気づかない夫」

――「慢性的なストレス」が記憶力低下を招く?

西川敦子 [フリーライター]
【第9回】 2008年9月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「ねえ、あたし太った?」

 テレビを見ながら朝食を食べていた中田堅二氏に妻が話しかけた。

 「ええ?ああ、どうかなあ」

 「ミキがね、『おかあたん、あごが二重だね』だって。もうショック~」

 「ふうん。口が達者になったもんだなあ」

 「ねえ、どう思う?」

 「別に変わってないんじゃないの」

 「……ちょっと!いい加減なこと言わないでよ」

 妻がいきなりリモコンをつかみ、テレビのスイッチを切ったので中田氏は度肝を抜かれた。

 「ななな、なんだよ、いきなり」

 「だいたいあなたってちっとも人の顔を見てないじゃない。だから太ろうがやせようが気にならないのよ! 新しい口紅つけたってノーコメントだし。いったいあたしはあなたの何なの?家政婦?下宿屋のおかみさん?いい加減にしてよ!」

 中田氏はひたすら面喰っていた。妻の顔を凝視しないからといって、なぜここまで激怒されるのか。だいたい口紅の色の違いなんてわからないし、毎日一緒にいるから、いつのまにか二重あごになっていたって気づきようがない。

 『女房の顔なんていちいち注意して観察してないよ……体型がトドに似ているなあ、とは思ってたけど』

部下の名前が
覚えられない男たち

 人材派遣会社に勤める30代の女性は、こう証言する。

 「直属の上司は40代半ばですが、部下の顔と名前が全然一致しないらしいんです。もの覚えが悪いのか知りませんが、指示するときも『そこのあなたさあ』『ちょっと彼女ォ』といった具合。言われた方は『この人にとっては、自分なんてとるに足らない人間なんだな』と思っちゃいますよね。ちなみに部下は10人。覚えられないほど多くはないですよねえ?」

 人の顔が認識できない、あるいは興味がない――これは男性に特有の傾向らしい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
すれ違う男女の「謎」に最新科学で挑む! 『だから、男と女はすれ違う』

【NHKスペシャル『シリーズ 女と男』を単行本化!】 最新科学によって、すれ違う男女の「謎」に迫る。女は本当に地図が読めないのか? なぜ男は「見た目」を重視するのか? なぜ「離婚のピー ク」は結婚4年目なのか? 等、男女の人間関係を中心に、共に歩んでいくための「知恵」を探っていく。1500円(税込)

話題の記事

西川敦子 [フリーライター]

1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、独立。週刊ダイヤモンド、人事関連雑誌、女性誌などで、メンタルヘルスや介護、医療、格差問題、独立・起業などをテーマに取材、執筆を続ける。西川氏の連載「『うつ』のち、晴れ」「働く男女の『取扱説明書』」「『婚迷時代』の男たち」は、ダイヤモンド・オンラインで人気連載に。


働く男女の「取扱説明書」

出産後も辞めないアラフォー女、3年で辞める腰掛け男 etc・・・、時代が変われば、働くルールも様変わり。働く男女にまつわる悲喜こもごものケースを多数紹介。男女が共存共栄していくための新たな職場のルールを提案します。

「働く男女の「取扱説明書」」

⇒バックナンバー一覧