ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
グロービスMBA講座 基礎編

【第4部:ファイナンス】
DCF法

株式会社グロービス
【第14回】 2008年1月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ファイナンスでは、資産の価値を「その資産が将来生み出すキャッシュフローの現在価値」としてとらえる。キャッシュフローの現在価値を算出するときに用いるのが、DCF法(割引キャッシュフロー法)である。

DCF法(Discounted Cash Flow Method
:割引キャッシュフロー法)

 DCF法とは、キャッシュフロー現在価値を算出するときに用いる方法だ。DCF法では、資産の金銭的価値を「その資産が将来生み出すキャッシュフロー現在価値」と定義する。ある資産が、1年後、2年後、3年後……n年後にC1、C2、C3……Cnのキャッシュを生み出すと想定する。このときのリスク(割引率)をrとして、DCF法で資産の価値(PV)を求めると以下のようになる。

 たとえば、年間の家賃収入が350万円、維持管理費が50万円で、10年後に取り壊される予定の住宅の金銭的価値は、割引率を5%とすると下記のようになる。

 下の図は、住宅の事例を使ってDCF法のロジックを説明したものだ。DCF法では、「住宅を所有すること」と「住宅が生み出すキャッシュフローを所有すること」は同等の価値がある(イコールの関係)と考える。また、「住宅が将来生み出すキャッシュフローを所有すること」と「そのキャッシュフロー現在価値相当分の現金を今日所有すること」も同等の価値がある。したがって、「住宅の金銭的価値」は「それが将来生み出すキャッシュフロー現在価値である」という結論が導き出される。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
『[新版]MBAマネジメント・ブック』

ビジネスパーソンの問題解決や意思決定に貢献してきたビジネス・バイブル。MBA取得者の実務家が、最新の情報と理論を網羅しながらMBAコースのエッセンスを紹介している。 株式会社グロービス編著。2940円(税込)

話題の記事

株式会社グロービス

創造と変革をもたらすビジネスリーダーを育成するとともに、グロービス・グループの各事業を通じて蓄積した知見に基づいた、実践的な経営ノウハウの研究・開発・発信を行っている。 グロービスのウェブサイト


グロービスMBA講座 基礎編

MBAのコアコースで学ぶエッセンスを網羅した基礎編。現実のビジネスに活用可能な形で経営理論のエッセンスを分かりやすく解説する。

「グロービスMBA講座 基礎編」

⇒バックナンバー一覧