ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
バリバリ女子のポンコツおじさん改造講座

“男が育休なんて”の圧力が女の晩婚・未婚化を加速?
バリ女の「明るい家庭プラン」を壊すおじさんの石頭

宮崎智之 [フリーライター]
【第6回】 2013年6月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今回は趣向を変えて、「男性の育休取得」に関する話題を取り上げてみたい。バリバリ女子とは直接関係ないように見えるが、実はこれ、彼女たちの生き方を大きく左右しかねない問題なのである。

 日本生命保険が、全男性社員に育児休業を取得させる方策を開始したことが話題になっている。

 毎日新聞の報道(6月20日付)によると、同社に勤める男性社員の育休取得率は、昨年度は1%ほど。これを今年度から全男性社員に取得させることで、育児参加を促進するという。まずは取得しやすい1週間ほどの休業となるようだが、意識改革を進める取り組みとして評価することができよう。

 育児に積極的に参加する男性、いわゆる「イクメン」という言葉が定着して久しいが、男性の育休取得率はいまだ低水準のままだ。その要因の1つに、職場の理解不足が挙げられる。いくら法が整備されても、「男性が育休なんて」という雰囲気が社内で蔓延している限り、取得に踏み切る人が増えるはずがないのだ。

 特に仕事に身を捧げてきた「バリバリおじさん」たちは「不況なのに、育休なんてとんでもない。男はとにかく働くべきだ」と思ってしまいがちだ。しかし、そんな考えを捨てなければ、いつの間にか「ポンコツおじさん」と呼ばれるようになってしまうかもしれないから、注意が必要である。

育休は女性だけのものなのか?
男性育休を阻害する理解不足の現実

 「育休は女性のもの」と思っている人がいるならば、それは大きな間違いだ。育児・介護休業法では、男性、女性の双方に育休取得が認められている。

 原則としては子どもが1歳になるまでの1年間だが、夫婦双方で取得する場合は1歳2ヵ月になるまでの1年間に、取得できる範囲が延長される優遇措置(パパ・ママ育休プラス)もある。もちろん、妻が専業主婦、もしくは夫が専業主夫でも取得できる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


バリバリ女子のポンコツおじさん改造講座

日本企業で元気な女性社員が増えているのに対して、男性社員は元気がなくなっていると言われて久しい。女性の社会進出が進む現在、ビジネスの第一線でバリバリ働く女性社員と年配の男性社員たちの「意識の差」は、埋めようもなく広がっている。そんなご時世で、「男性部下には思いっきり注意できるけど、女性には気が引けてしまう」「女性社員の本音がわからない」と苦手意識を持ち、悩んでいる男性も多いはずだ。今どきの女性たちは、男性に対してどんな不満と要望を持っているのか。

本連載では、「バリバリ女子」たちが時代遅れの「ポンコツおじさん」に向けるシビアな苦言、提言を赤裸々に紹介しながら、彼女たちから尊敬される「バリバリおじさん」になるにはどうしたらいいかを、ケース別に徹底指南していく。女性たちの厳しい声は、決してタダの罵詈雑言ではない。それは、おじさんたちへの期待の裏返しでもある。男性はバリバリ女子に臆するのではなく、彼女たちを「自己改造のための先生」と前向きに捉えるべきだろう。「ひょっとしておれのこと?」と不安な気持ちになったあなた、「気が付けば『ポンコツおじさん』と呼ばれていた!」なんてことにならないよう、一度彼女たちの声に真摯に耳を傾けてみたらどうだろうか。

「バリバリ女子のポンコツおじさん改造講座」

⇒バックナンバー一覧