ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
伝え方が9割
【第11回】 2013年7月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木圭一 [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

実は隠れコンセプトは
「相手のことを想像する技術」
【元スターバックスコーヒージャパンCEO・岩田松雄×コピーライター・佐々木圭一】(前編)

1
nextpage

30万部のベストセラー『伝え方が9割』佐々木圭一氏が、同じく30万部のベストセラー『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』の著者である、あのビジネスリーダーと対面。続編となる部下編『「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方』を出したばかりの元スターバックスコーヒージャパンCEO・岩田松雄氏との対談をお届けします。(取材・構成/上阪徹)

読みやすかった、と言ってもらえるのがうれしい

岩田『伝え方が9割』、拝読しました。ものすごく読みやすかったですね。すっと頭の中に入ってくるので、びっくりするほどでした。

佐々木 読みやすいと言ってもらえると、僕はものすごくうれしいんです。伝え方の本ですから、読者にどうやったら伝えられるか、とにかく一生懸命、考えて書きました。大きな骨子は早めにできていたんですが、そこから何度も何度も全体を書き直しています。
 本は、早い人だと2週間くらいで書き上げちゃう、なんて話を聞いたこともあるんですが、結局この本は2年半くらいかかっているんです。

岩田 それはすごいですね。

佐々木 これだけの量で、そんなにかかるのか、と言われることもあるんですが、それこそ一文一文が、広告コピーだと思っていました。どの行にも妥協はないです。すべてにおいて、一番伝わりやすい言葉で、見た人にすっと入っていって、しかもすぐアウトプットを試してみようという気持ちになる本にしようと思いました。

岩田 2年半かけられた、と今聞いて、なるほど、と思いました。小さな挿絵ひとつでも、おそらく相当、気を遣われているんだろうな、と感じていましたから。
 僕は広告コピーには詳しくないですが、伝わらないと意味がない、というのは、本当に共感しますね。かつて社長を務めていたボディショップやスターバックスみたいな会社は、ブランドイメージを重視して、ともすれば難しい横文字なんかを使ったほうが格好いいんじゃないか、なんて発想が出てくることがあるんです。
 でも、僕はそれが嫌いで。実際、横文字のややこしい製品があって、これでは誰にも伝わらないだろう、とはっきり言ったことがあります。

佐々木 カタカナでよくわからないもの、ときどきありますね。アメリカで流行っているからと、そのままの英語を使ったりする。最先端であるということを示したいんだと思うし、それでビジネスが成り立っている部分もないわけではないとも思います。
 でも、私もそれは好きではないですね。やっぱり、相手にちゃんと伝わる、ということが、何より大事だと思うんです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


佐々木圭一(ささき・けいいち) [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

上智大学大学院を卒業後、博報堂を経て、株式会社ウゴカスを設立。新入社員時代、もともと伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され苦しむ。ストレスから1年で体重が15%増、アゴも無くなる。あるとき、伝え方には技術があることを発見。そこから伝え方だけでなく、人生ががらりと変わる。初めての著書『伝え方が9割』は、64万部のベストセラーとなり、2013年ビジネス書年間ランキング1位(紀伊國屋書店新宿本店調べ)、年間ベストセラー単行本2位(2013年ビジネス書部門/日販・トーハン調べ)となる。カンヌ国際広告祭でゴールド賞を含む、3年連続受賞。米国の広告賞One ShowDesignで日本人初ゴールド賞受賞。AdFestでゴールド賞受賞。AIMアワードでグランプリ受賞。トリンプ「天使のブラ」、コーセー「FASIO」などヒットCMを数々制作。郷ひろみ・Chemistryなどの作詞家として、アルバム・オリコン1位を2度獲得。トヨタ自動車、楽天、大塚商会、東武鉄道、ユー・エス・ジェイ、小林製薬、プルデンシャル生命、ソニー生命保険、東京大学、上智大学などで150回以上の「伝え方が9割・講演」を行う。メディア出演は、NHK「ゆうどき」、日本テレビ「世界一受けたい授業」、テレビ朝日「お願い!ランキング」、フジテレビ「ネプリーグ」、TBS「ひるおび!」、テレビ東京「FOOT×BRAIN」、BS朝日「ポップメイカー」にてMC、「an・an」連載など多数。「日本のコミュニケーション能力のベースアップ」のために、精力的に活動している。佐々木圭一公式サイト: www.ugokasu.co.jp Facebook:www.facebook.com/k1countryfree  twitter:@keiichisasaki


伝え方が9割

伝え方にはシンプルな技術があります。
本連載では、著者が膨大な時間とトライ&エラーで導き出した方法論のエッセンスをご紹介します。
この方法論を使えば、料理のレシピのように、誰でも強いコトバをつくれるようになります。是非、本連載のエッセンスを仕事やプライベートに活用してください。

「伝え方が9割」

⇒バックナンバー一覧