ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

日産、復活「ダットサン」デザイン世界初公開!
新興国共通ブランド投入で巻き返し

週刊ダイヤモンド編集部
2013年7月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
2014年にデビューする「ダットサン」の車両デザイン
Photo:日産自動車
拡大画像表示

 7月1日、日産自動車は新興国向けのグローバル共通ブランド「ダットサン」の車体デザインを世界初公開した(イメージ写真を参照)。ダットサンブランドは、来年に順次、インド、インドネシア、ロシア、南アフリカ共和国の4ヵ国へ投入される予定で、成長著しい新興国の顧客層を開拓する。日産にとって、ダットサンは、「ニッサン」、高級車ブランド「インフィニティ」に続く第3のグローバルブランドとなる。

 ダットサンは、日産の前身である、快進社が製造した「ダット1号車」がルーツ。DAT(ダット)は快進社の出資者3人のイニシャルにちなんでおり、DATの息子を意味する「DATSON」と名付けられた後に、SONは“損”を想起させるとして、発音が同じで太陽を意味する「DATSUN(ダットサン)」へ改称された。かつて、195ヵ国で累計1000万台を販売した往年のヒットブランドの復活に、社内の期待は高まっている。

 実は、新興国向けに共通のブランドを投入するのは初めての事例だ。同じ新興国と言っても、それぞれの国によって、顧客層の国民性、彼らのニーズ、求められるスペックは異なる。実際に、ダットサンブランドでも、インド向けの中核価格は40万ルピー(約67万円)以下、インドネシア向けのそれは1億ルピア(約100万円)以下と大きな開きがある。

 にもかかわらず、グローバル共通ブランドを投入する狙いはどこにあるのか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧