HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

「引きこもり」するオトナたち

日本初の「町田市保健所方式」でわかった
64歳までの「引きこもり」は20世帯に1世帯!?

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第159回】

 引きこもりの人のいる多くの家庭では長年、本人も親も変わることのないまま、長期化、高年齢化だけが進んでいる。従来の30代以下の若年者に重点を置いた支援の仕組みそのものが限界を示していることは、もはや明らかだ。

 そんな孤立して高齢化していく地域の実態の一角が、自治体のデータ上でも示された。

 東京都町田市保健所が、市内の引きこもりの人たちの実態調査を行ったところ、20歳から64歳までの市民のうち、自分または家族が引きこもり状態にあると答えた人は5.5%に上り、20世帯に1世帯以上の家庭で身近に存在していることがわかったのだ。

前例のない保健所の取り組み
引きこもり実態調査を行った町田市

 高齢化する引きこもりの人たちや家族の対応に追われてきた地域の保健所が、こうして実勢に則した形で独自の引きこもり実態調査を行うのは、日本でも初の試みといえる。しかも、若年者の自立に向けた対策でありながら、調査対象年齢を40歳以上にも広げて、これからネットワークを組んで取り組もうとしている点など、この「町田市保健所方式」は、先駆的なモデルケースとして注目されそうだ。

 調査を行ったのは、町田市保健対策課。2012年度から、同市5ヵ年計画の重点事業として「ひきこもり者支援体制推進事業」に取り組み、このほど「若年者の自立に関する調査報告」を取りまとめた。

 調査対象者は、市内在住の20歳から64歳の市民の中から無作為抽出した2000人。同年9月、調査票を郵送し、回収する方法で820件の回答を得た。

 同課によると、地域単位で支える仕組みがないといけないことから、市民が引きこもりの人たちの問題をどのように認識しているのか、いろんな生き方が容認されている土壌があるのかどうかなどを調査で探る目的があったという。

1 2 3 4 >>
関連記事
このページの上へ

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧