ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営請負人の時代

Facebook史上初の英語を話せない社員だった私が
日本支社・ビジネス開発責任者に登用された理由
――Facebook Japan 森岡康一氏【前編】

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]
【第16回・前編】 2013年7月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

全世界で11億人を超えるユーザーを抱えるFacebook。ネットで匿名文化が根付いていた日本では受け入れられないと言われていたサービスが、いまやスタンダードとなりつつあるのはなぜか。Facebook Japan ビジネス デベロップメント責任者の森岡氏に、Facebookの社風や働き方を伺いながら、Facebook飛躍のカギを紐解く。

Facebookは、日本企業より日本的?

もりおか・こういち
2002年、ヤフージャパン株式会社入社。コンテンツプロデューサーとして主に求人、ヘルスケアを担当。2004年にヤフージャパン社とリクルート社のジョイントベンチャーである株式会社Indivalの設立、サービス立ち上げに参画。2008年ヤフージャパンのオープン戦略を主導するPS本部を立ち上げ企画部長として全社戦略の一角を担う。2010年7月Facebook社に入社し、ビジネス開発責任者として日本市場でのFacebookの成長を進めている。

南 森岡さんは現在、Facebook日本支社のビジネス デベロップメント責任者を務められていますが、Facebookに入社されたきっかけを教えてください。

森岡 きっかけは単純に声をかけていただいたことです。実は声をかけていただく前に、2010年、前職のYahoo!にいたときに、ちょうど海外の市場について研究していて、海外と日本ではインターネットの考え方が圧倒的に違うということを学んでいました。Facebookの圧倒的な強さが分かり、Facebookのようになりたいと思っていたときに声をかけられたので、二つ返事でそのオファーを受けました。まだFacebookの日本ユーザーは100万人を下回るくらいの頃でしたね。

南 タイミングが良かったんですね。日本企業から外資系企業に転職すると、働き方などのギャップが多少なりともあると思うのですが、そのあたりはいかがでしたか?

森岡 それはとても感じました。こんなにも英語を使うとは想像もしていなかったですし(笑)、プロセスも違うし文化も違うから、最初の数ヵ月間は圧倒されっぱなしでしたね。

南 英語と言えば、森岡さんはFacebook史上初の英語を話せない社員だったんですよね?その話を聞いて、Facebookって本質的な会社だなって思ったのを覚えています。これまで経験してきたことや仕事の進め方、踏んできた場数を評価してくれて、英語力は二の次だったということですから。

森岡 たしかに、Facebookの懐の深さや本質的な会社であることは入社してから実感しました。小さなユニットで大きなことをしようというスタイルなので、能力だけでなく、ホスピタリティやマインドも重視していますね。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]

1999年、米・タフツ大学数量経済学部・国際関係学部の両学部を卒業後、モルガン・スタンレー証券に入社し、M&Aアドバイザリー業務に従事。その後、香港・PCCWグループの日本支社の立ち上げに参画。幼少期より興味があったスポーツビジネスに携わるべく、2004年、楽天イーグルスの創業メンバーとなる。チーム運営や各事業の立ち上げサポート後、GM補佐、ファン・エンターテイメント部長などを歴任し、初年度から黒字化成功に貢献。 2007年、株式会社ビズリーチを設立し、代表取締役に就任。日本初の個人課金型・転職サイト「ビズリーチ」を運営。2010年、プレミアム・アウトレットをイメージしたECサイト「LUXA(ルクサ)」を開始。2012年、ビズリーチのアジア版「RegionUP(リージョンアップ)」をオープン、2013年2月、IT・Webエンジニアのためのコラボレーションツール「codebreak;(コードブレイク)」をオープン。著書に『ともに戦える「仲間」のつくり方』『絶対ブレない「軸」のつくり方』(ともにダイヤモンド社)がある。

 


経営請負人の時代

「経営のプロ」として、社外から登用される社長や役員。彼らの経営哲学、プロフェッショナルなビジネスパーソンになるための秘訣、自身の市場価値を高めるキャリアの磨きかた、若きビジネスパーソンへのメッセージなどを語ってもらうインタビューシリーズです。聞き手は、平均年収1000万円以上レベルの人材と企業をマッチングする会員制転職サイト「ビズリーチ」代表の南壮一郎。

「経営請負人の時代」

⇒バックナンバー一覧