ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ダージャリスト・石黒謙吾の 「科学するダジャレ」~地アタマが良くなる知的メソッド

ダジャレの肝―ビジュアルとして言葉を捉える
漢字=象形文字多用の日本語と言葉遊びの関係は

石黒謙吾 [著述家・図考師]
【第34回】 2013年7月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ダジャレが粋か否かは
「かかり」が深いかどうか

 連載残るはこれとあと一回。おなごのお尻…いや、お名残惜しいです。というところで今回は、文字をどうやって捉えると、認識すると、ダジャレ生成にとっていいのか、を探っていきます。

 そしてそこの理解をよりクリアにするために、前提として説明しておきたいのが、連載開始当初からさらさらと何度か触れてきた「かかりの深さ」。まずここからおさらいしていきます。「かかり」については、連載21回<石黒式ダジャレ構造分類14種の解説前編> など参照に。

 素材語と加工語。その2単語の文字を、ローマ字として考えて同じ部分を僕は「かかり」と呼んでいます。ローマ字でという意味はつまり<音として捉える>ということです。そして同じ部分が少なければ「かかりが浅い」、多ければ「かかりが深い」と表現します。そしてかかりは、深ければ深いほど、ダジャレとして粋ということ。ここでいつものように実例を。

 <池脇シズル感>これはまあまあ、かかりが深くて好きです。<池脇千鶴>と<シズル感>がかかっている部分をローマ字で見てみると<hizuru>。この場合、前後にほどよく両単語のかかっていない部分があって、わかりやすさや面白みという点で、ここちよい作品です。

 しかし、2単語の文字数が全然違っていたら、どちらかの語に完全に含まれてしまうケースも多々ある。円を使った集合図で、1つの円の中に、もう一方の大部分が内包されている状態と思っていただければ。

  <予感シュトラウス>これは、<K>と<H>がかかってないだけであとは含まれていますね。かかりの深さ的には相当なもの。

 さらにいきつくと<完全一致>という究極のかかりものがあります。

 <印籠>これは、野球の内角低め<インロー>と発音はまったく同じ。 ここまで美しい形になると粋の極みではあるのですが、気付いてもらえないことも多いので用法を工夫しないと一般的な会話では使いにくい。

 たとえばフリを入れる。野球の話の中にこれをかますなら、水戸黄門が印籠を差し出す真似にするとか、水戸黄門の話の中なら、バットを構えて足下のボールを見送る真似をするとか。ただ発しても気付かれませんから。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

石黒謙吾 [著述家・図考師]

いしぐろ・けんご/1961年金沢市生まれ。映画化もされたベストセラー『盲導犬クイールの一生』をはじめ、『2択思考』『エア新書』『分類すると地アタマが良くなる』『ダジャレ ヌーヴォー』など、硬軟取り混ぜ著書多数。チャートを用いて構造オチの笑いに落とし込む「図考師」としての著書に『図解でユカイ』が。プロデュース&編集の書籍も幅広いジャンルで200冊を手がける。野球とビールと犬と笑いを愛する。全キャン連(全国キャンディーズ連盟)代表。
■ブログ=イシブログケンゴ
著書・編書一覧


ダージャリスト・石黒謙吾の 「科学するダジャレ」~地アタマが良くなる知的メソッド

40年間の蓄積から導き出した、ダジャレの記号学的構造解析。「ラップもダジャレだ!」ダジャレ界に革命を起こした伝説の書『ダジャレ ヌーヴォー』の著者であり、ダージャリスト、ダジャリエの石黒謙吾が、クリエイティビティの高い知的な言葉遊びをアカデミックに解説。助詞・助動詞を含めてはいけない、かかりの深さ、母音列&子音列の基本活用、差し替え・加減・倒置など構造の14分類、B面という考え方、遠回りの妙、知的なラリー……。単なるお笑いネタとは一線を画す内容は、地アタマを良くし、スマートなコミュニケーション力も。バカなやつほど「さむ~い」、デキルやつは「クール!」

「ダージャリスト・石黒謙吾の 「科学するダジャレ」~地アタマが良くなる知的メソッド」

⇒バックナンバー一覧