HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

非喫煙、非飲酒でも要注意
その胸の痛みは喉のがん?

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第157回】

 頻繁な胸焼けは、鼻の奥から声帯にかけた「咽頭・喉頭」のがんを引き起こすリスクがあるようだ。がん予防学の専門誌に掲載された米ブラウン大学の研究から。

 同研究では、ボストン在住の咽頭がん患者468人、声帯にがんが見つかった患者163人と一般住民とを比較した。参加者は胸焼け症状の頻度、がんの家族歴のほか、咽・喉頭がんとの関連が深いとされる喫煙と大量飲酒に関する質問に答えた。また、同性・異性愛にかかわらずオーラルセックスで感染し、咽頭がんを引き起こす「HPV16」については、血液検査で感染の有無を確認している。

 その結果、大量喫煙や大量の飲酒をしていないにもかかわらず、頻繁に胸焼けを起こしている人は喉や声帯にがんを生じるリスクが78%も上昇していたのである。一方、胸焼けに悩み、胃酸を中和する制酸薬を飲んでいる人は、喫煙や飲酒、HPV16感染の有無にかかわらず発症リスクが41%低下することがわかった。

 胸焼けを起こす原因の一つである「胃食道逆流症(逆流性食道炎)」は、欧米では一般的な疾患だ。日本でも食生活の欧米化の影響で患者数が増えている。市販の制酸薬でなだめすかしている人や、医療機関で処方されるH2ブロッカーやPPIなどの胃酸分泌抑制薬を飲んでいる人も多いだろう。

 胃酸や胆汁など強い酸から保護されている胃や十二指腸とは違って、食道や咽・喉頭は酸の暴露に弱い。胃酸があがるたびに粘膜がキズつくのだから、がん化リスクも上昇する。特に食道がんとの関連は以前から指摘されていた。今回初めて、咽頭や声帯でのリスクが示されたわけだ。ただ、制酸薬が咽・喉頭がん予防につながるかという点は、まだ不明。研究者は、さらに調査が必要だとしている。

 咽・喉頭がんや声帯にできるがんの初期症状は「声枯れ」「喉に何かが引っかかったような気がする」「飲み込むときに違和感がある」など。男性では50代から急激に発症率が上がる。胸焼けと喉や鼻の奥の違和感が続くようなら、耳鼻咽喉科で喉頭内視鏡検査を受けてみるといい。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

週刊ダイヤモンド

関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧