ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
“伝説の外資トップ”新将命 特別対談 次世代リーダーと語る「ビジネスの原理原則」
【第10回】 2013年7月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
新 将命 [株式会社国際ビジネスブレイン代表取締役社長]

トラックレコードなき起業家は
門前払いの国・日本で
飛躍のきっかけをどう掴むのか
【対談】新将命×出雲充――起業家を突き動かすものは使命(前編)

1
nextpage

59種類もの栄養素を含むミドリムシが、食料問題や環境問題を解決するポテンシャルを秘めている――。ミドリムシが地球を救うという壮大な志を抱き起業した株式会社ユーグレナの代表取締役社長・出雲充氏。そして、グローバル・エクセレント・カンパニーでトップマネジメントを務めてきた経験を活かし、若き経営者のアドバイザーを務める新将命氏。ふたりが、日本における起業の難しさややりがい、そして今後の可能性について語り合います。

植物であり、動物でもある。ミドリムシとの出会い

出雲充(いずも・みつる)
株式会社ユーグレナ 代表取締役社長。
1998年東京大学文科三類入学、在学中に米国スタンフォード大学で開催された「アジア太平洋学生起業家会議」の日本代表を務め、3年進学時に農学部に転部。2002年東京三菱銀行に入行。退職後2005年8月株式会社ユーグレナを創業し代表取締役に就任。同年12月には世界で初となるユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に成功する。
著書に『東大に入るということ、東大を出るということ』(プレジデント社)、『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』(ダイヤモンド社)等。 

出雲充(以下、出雲) 今日はミドリムシのメンターとして新さんにご指導いただければと思います。よろしくお願いします。

新将命(以下、新) ミドリムシに着目されるなんて、実におもしろいですね。ミドリムシは植物と動物のどちらのカテゴリーに入るのでしょうか。

出雲 いやそれがとても難しんです。ミドリムシはわかめや昆布、ひじきの親戚ですから、海藻の一種なんですけれども、動くことができます。ハイブリッドカーと同じで、分類はとても難しいのですが、動く海藻の一種と考えていただくとよいと思います。

 私は20歳のときにミドリムシと出会ったのですが、そのポテンシャルの高さに驚きました。植物と動物、両方の栄養素を59種類も含んでいるんです。

 それは知らなかった、すごいですね。

出雲 栄養失調を解決するにはミドリムシが非常に重要な食料資源になるなと考えたんです。実は、ミドリムシの研究は私が注目する10年以上も前から行われていました。ただミドリムシの培養はとても難しく、芳しい結果が出ていなかったんです。大学時代の後半で、現在当社の取締役で研究開発部長を務める鈴木と研究を始めて、私としては1日も早くミドリムシを培養していろいろな人に食べていただけるような形にして届けたかったのですが、結局卒業には間に合いませんでした。

 そこで当時の東京三菱銀行に就職しました。社会人としての動作所作を勉強しておけば、将来のミドリムシビジネスを立ち上げるときに役に立つと思ったんです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


新 将命 [株式会社国際ビジネスブレイン代表取締役社長]

1936年生まれ。早稲田大学卒業後、シェル石油、日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップスを含むグローバル・エクセレント・カンパニー6社で40年にわたり社長職を3社副社長職を1社経験。2003年より住友商事を含む数社のアドバイザリー・ボードメンバーを務める。長年の経験と実績をベースに、経営者や経営幹部を対象とした経営とリーダーシップに関する講演・セミナーをし、国内外で「リーダー人財開発」の使命に取り組む一方で、経営者・経営者グループ に対する経営指導、相談役も果たしている。

自身のビジネス人生で得た実質的に役立つ独自の経営論・リーダーシップ論は経営者や次世代リーダーの心を鼓舞させ、講演会には常に多くの聴講者が詰め掛けている。著書に『経営の教科書』(ダイヤモンド社)『伝説の外資トップが説く リーダーの教科書』(ダイヤモンド社)、『伝説の外資トップが説く 働き方の教科書』(ダイヤモンド社)、『コミュニケーションの教科書』(講談社) など。またオリジナル教材『新将命の経営・リーダーシップ実学』やCD教材等も。

新将命 公式サイト

 


“伝説の外資トップ”新将命 特別対談 次世代リーダーと語る「ビジネスの原理原則」

ジョンソン・エンド・ジョンソン、コカ・コーラ、フィリップス、住友商事、アメリカ、ヨーロッパ、日本を代表するグローバル・エクセレント・カンパニーでトップマネジメントを務めてきた新将命氏の経営メソッドの本質とは何か? 経営者そしてリーダーは、「何を考え」「何を行うべき」か? また、それが、次世代を担う若手経営者やビジネスリーダーからも圧倒的な支持を受けている背景にあるものは? 次世代を担う各分野のリーダーをゲストに招き、改めてその魅力を紐解いていく。

 

「“伝説の外資トップ”新将命 特別対談 次世代リーダーと語る「ビジネスの原理原則」」

⇒バックナンバー一覧