ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金谷多一郎Golf 熱血!セオリー演習

番手ごとのヘッドスピードを把握し自分のクセをつかむ

金谷多一郎 [プロゴルファー]
【第31回】 2008年5月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
すべての番手のヘッドスピードを測ると、番手ごとのスウィングの傾向がわかり、上達に役立つ

 キャディバッグの中に入れられるクラブの本数は、規定で14本と決まっています。14本のクラブをフルに活用してスコアメークするためには、番手ごとの飛距離をきっちりと打ち分けなければいけません。「何番アイアンならキャリーで何ヤード」という自分なりの基準を持っていないと、コースマネジメントができないからです。

 しかし、「ミドルアイアンの飛距離があまり変わらない」とか「5番アイアンよりも7番アイアンのほうが飛ぶような気がする」といった声をよく聞きます。アマチュアゴルファーを観察していると、番手によってスウィングの強さが変わってしまったり、体の使い方がバラバラになっている人がとても多いのが現実です。

 そのような悩みを持つ人は、一度、番手ごとのヘッドスピードを測ってみましょう。ドライバーだけでなく、すべての番手のヘッドスピードを計測してみると、自分のクセがわかっておもしろい結果が出ると思います。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

金谷多一郎 [プロゴルファー]

1960年1月2日生まれ、東京都出身。84年プロ入り。卓越した理論とわかりやすい指導法が人気のカリスマコーチ。数々のメディアで活躍中。


金谷多一郎Golf 熱血!セオリー演習

多忙なビジネスマンがゴルフに費やすことができる時間はそれほど多くないと思います。そこで、合理的に「楽しく」上達できる方法をレッスンします。

「金谷多一郎Golf 熱血!セオリー演習」

⇒バックナンバー一覧