ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金谷多一郎Golf 熱血!セオリー演習

アマチュアゴルファーのお悩み解決セミナー
Lesson5「“尊敬される”教え方・フィニッシュ編」

金谷多一郎 [プロゴルファー]
【第37回】 2008年7月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 前回に引き続き、教え上手になる方法を伝授しましょう。ゴルフスウィングの所要時間はわずか1~2秒です。そのなかで「ダウンスウィングはこうやって振り下ろせ」とか「インパクトはこの形」と一生懸命教えても、コンマ何秒の瞬間的な動きをコントロールすることは不可能です。

 人間の能力からすると、頭で考えて「できるところ」でヒントを与えたほうがイメージしやすく、習得が早くなります。その一つが前回紹介したアドレスであり、もう一つがフィニッシュです。

 クラブを振り上げたら、フィニッシュの形をイメージして、一気に振り切ります。この単純なことがとても重要で、初心者には最高のアドバイスです。ボールに当てようとするほど当たらなくなるのがゴルフですから、そんなことを気にせず、思い切りスウィングさせることから始めましょう。

ボールに当たる、当たらないは二の次。まずはフィニッシュの正しい形を教えることが初心者には効果的だ
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

金谷多一郎 [プロゴルファー]

1960年1月2日生まれ、東京都出身。84年プロ入り。卓越した理論とわかりやすい指導法が人気のカリスマコーチ。数々のメディアで活躍中。


金谷多一郎Golf 熱血!セオリー演習

多忙なビジネスマンがゴルフに費やすことができる時間はそれほど多くないと思います。そこで、合理的に「楽しく」上達できる方法をレッスンします。

「金谷多一郎Golf 熱血!セオリー演習」

⇒バックナンバー一覧