ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
これで絶対後悔しない!35歳からの転職力養成講座

誰でもできるのに意外とみんな知らない!?
後悔しない転職先の探し方と選び方

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]
【第3回】 2013年8月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

転職で「年収アップ」したいなら
企業の1人当たり売上高を見よ

 「転職に成功した」とはどういうことかを考えたとき、いわゆる「よい会社」に入社することを思い浮かべる人がいるかもしれません。しかし、それは大いなる間違いです。転職で成功した姿とは、新しい職場で生き生きと働いていることに尽きます。いくら世間のイメージが良い会社に転職しても、いろいろな点で自分とは合わず、毎日暗い顔で出社するようでは決して「成功」と言えません。

 自分に合った職場を探すには当然、情報収集が必要になります。ただし、その前に自分が何のために転職するのかを明確にしておかなければなりません。そうでなければ判断の基準を持つことができず、判断材料としてどんな情報が必要になるのかもわからないからです。自分が求めているものをハッキリさせたうえで、それがその会社にあるかという視点で見ていくことが大切です。

 たとえば「収入を増やしたい」が転職の主な目的だったとします。その場合、企業から提示される給与だけではなく、従業員1人当たりの売上高や利益額が判断のうえで重要な情報の1つとなります。その企業の1人当たり売上高が1000万円を切っていれば、年収が1000万円以上になる可能性は低いというように考えていくわけです。

 イケイケドンドンで社員を増やしているベンチャー企業では、10億円の売上高に対し従業員数が200人という会社を見かけることもあります。これだと1人当たり売上高は500万円ですから、収入を増やす目的には合いません。ただし、よく話を聞いてみると「社員数は20人で、残りの180人はパート」という場合もありますから、転職の目的に関わる重要な情報については、面接などの際にきちんと突っ込んで確認していくことです。

 一方、その会社のカルチャーや雰囲気に好感を持てるか否かも、転職先の選択において重要な要素です。こうした感覚的な部分は細部に現れます。ホームページの言葉遣いや作り方もそうで、自社の紹介の仕方ひとつをとっても何か鼻につく会社もあれば、とても好感が持てる会社もあります。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]

1986年滋賀大学経済学部卒業後、リクルート入社。7年間人事担当採用責任者として新卒、中途、留学生、外国人など多岐にわたる採用を担当し同社の急成長を人材採用の側面から支える。退職後現社を設立。リクルートで実践した「企業力を超える採用」の実現のため1000社を超える顧客にそのノウハウを提供、さまざまな分野の支援を実現。また個人へのキャリアコンサルティングは1万名を超え、「個人の本気に火をつける」面談には定評がある。49歳。1963年生まれ、いて座。

 


これで絶対後悔しない!35歳からの転職力養成講座

かつては「35歳が限界」と言われた転職。しかし今では35歳以上のビジネスパーソンも転職ができる時代に変わりつつある。そんな35歳以上の大人が転職する際、人生の重要な決断を失敗しないためには、どのように行動すればよいのだろうか。これまで数多くの人の転職を成功に導いてきたキャリアコンサルタントの丸山貴宏氏が、実践に役立つ35歳以上の転職ノウハウを教える。

「これで絶対後悔しない!35歳からの転職力養成講座」

⇒バックナンバー一覧