ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

一般人がスマホで撮った決定的瞬間を
報道機関が買い取るネットサービスが急拡大中!

岡 徳之
2013年8月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
iPhone版「スクープショット」アプリの画面

 世間を賑わせる事件の第一報が、マスコミではなく一般市民から発せられることが増えている。

 その背景にはいわずもがな、カメラ機能のついたスマートフォンが普及し、情報を発信できるメディアを個人が持ち始めたことがある。現場に居合わせた誰もがフォトジャーナリストになり得る。

 フィンランドのヘルシンキに本社を置くP2S Media Groupが運営するフォトストックサービス「スクープショット(スクープショット)」は、先述のような今のメディア環境を捉えた巧いサービスだ。

 iOS・AndroidOS・WindowsOSを搭載したスマートフォンに無料のスクープショットアプリをダウンロードし、起動した状態で撮影、アップロードすれば、写真を有料で販売することができる。2011年に開始されたサービスだが、世界177ヵ国で28万3000回ダウンロードされた。

 “素人”フォトジャーナリストがスクープショットにアップロードした写真を購入するのは、ジャーナリズムの“プロ”たち、メディアだ。

 これまでに15ヵ国のメディア60社以上が同サービスを利用している。ユーザーが最も多いドイツでは、ユーザーが登録した写真75万枚超のうち18万枚が実際に購入されたという。

 素人が撮ったからといって写真の質も侮れない。山火事や交通事故の現場、天候の変化により起こった稲光の光る瞬間、下水管の破裂により街中が洪水になる様子など、臨場感に溢れている。

1
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

岡 徳之


デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧