ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

普段はカメラマンのパパだから、
父の日には子どもと一緒の写真を撮ってもらおう!

2013年6月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
パパの最高の笑顔は、やっぱり家族と一緒のとき。いつもカメラマンなので、「父の日」ぐらいは写真に収めてあげてくださいね

 きっかけは、とある土曜日に開かれた「ランチ会」の1コマだった。

 家族同伴OKのその会に、メンバーで唯一奥さんとお子さん2人を引き連れて参加した、オンライン技術担当のCさん。同席した編集部員の筆者が、彼と1歳になったばかりの娘さんとの2ショットを、手持ちのコンパクトカメラで写真に収めた(右の写真)。

 後日、メールに添付してTさんに送ると、「家族の写真を撮ってばかりで、自分が子どもと写っている写真が、実はほとんどなかった。これを撮ってもらえてすごくうれしかった。ありがとう!」と、こちらが恐縮するぐらい感謝されたのだ。

 確かにこの写真は、いつもどおりカメラ任せで撮影したものにしては、なかなかいい感じに仕上がっている。なにより、お子さんを抱いたカメラ目線のパパの表情が素晴らしい。もちろん、撮ったほうに高度な技術があるわけではないので、たまたまシャッターチャンスがよかっただけなのだが、相手が喜んでくれたのはうれしかった。

 そしてこの時、「もしや、世の中のお父さんって、自分が子どもと写っている写真がめちゃくちゃ少ないのでは?」という疑問が、筆者の頭をよぎった。

 早速、周囲の社員や知り合いに聞いて回ると、意外にも家庭によって写真の撮り方はまちまちではあったが、やはり一部のお父さんは完全に撮影担当で、自分自身の写真が枯渇していることが分かった。どんなに高性能のデジタルカメラを持っていても、これでは浮かばれない。子どもはどんどん育ってしまう。何とかお父さんを救わなければ…。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧