ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

デジカメを「無線LAN」対応にして
スマホでは撮れない本格写真をシェアしよう!

三浦一紀
2013年7月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 デジカメのトレンドは時代により変わる。少し前までは、各メーカーとも画素数の向上を競っていた。さらにその前は、背面液晶の大型化や、各種エフェクトの搭載などがトレンドであった。

 そして、ここ最近のトレンドは「無線LAN(Wi-fi)」の搭載だ。これはデジタル一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトデジカメなど、すべてのデジカメのジャンルにおいて共通したトレンドとなっている。

 無線LAN機能がデジカメに搭載されていれば、カードを取り出したりケーブルで接続しなくても、ワイヤレスで画像の転送ができる。それだけのことだが、これがデジカメで撮った写真の活躍の場を一気に広げてくれる。

本格写真を手軽にシェア

 スマートフォンやタブレットに写真を転送すれば、そのままフェイスブックなどのSNSへの投稿も簡単に行える。デジカメによっては、単体でSNSへ投稿できる機能を備えたものもある。

 これまで、デジカメで撮影した写真をSNSやブログにアップしようとしても、家に帰ってパソコンに取り込んでからの作業だったので、とても面倒だった。それが、撮ったその場の気持ちとともにシェアできるようになる。

 また、撮影したその場で転送ができるので、スマホやタブレットを「画像ビューア」として使うこともできる。デジカメの小さなモニターでは味わえない迫力の画像を楽しめるだろう。

キヤノンのPowerShot SX280HSは、光学20倍ズームレンズを搭載する旅行に向いたコンパクトデジカメ

 具体的な製品を見ていこう。まずはもっとも手軽な「コンパクトデジカメ」では、すでに中級クラス以上で無線LANは標準化されたといってもいいほどで、ほとんどの新製品に搭載されている。特にキヤノンとソニーは無線LAN搭載に積極的なようだ。

 キヤノンはIXY 610F、PowerShot SX280HS(写真)、同S110などに搭載。ソニーはCyberShot DSC-WX200、同WX300、同HX50Vなどに搭載している。両社とも、専用のアプリをスマホにインストールすることで画像転送が可能となる。ソニーのアプリは、スマホの操作でリモートシャッターが切れる機能なども備えている。記念写真を撮るのに便利そうだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧