HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

朝ごはんで心疾患予防!?
寝る前の夜食もリスクが大

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第163回】

 朝ごはんをきちんと食べると、冠動脈疾患の発症を予防する効果が期待できるかもしれない。米国心臓協会発行の専門誌「サーキュレーション」に掲載された米ハーバード大学公衆衛生大学院の追跡調査の報告から。

 追跡調査の対象は45歳から82歳までの男性医療従事者2万6902人。1992年に食習慣やライフスタイルに関するアンケートを行い、2008年まで追跡した。追跡期間中に1572人が冠動脈疾患など致死的な心疾患を発症している。

 最終的なデータから冠動脈疾患発症と食習慣との関連を解析した結果、「朝ごはん抜き」が習慣化している男性は、朝食をしっかり食べる男性に比べて、心疾患を起こすか冠動脈疾患で死亡するリスクが27%高かったのである。研究者は「朝食抜きの食習慣が高血圧や肥満、糖尿病リスクを押し上げ、結果的に冠動脈疾患の増加につながったようだ」としている。

 ただ、「朝ごはん抜き」グループの背景をみると、若年者でフルタイム勤務、飲酒・喫煙量が多い、運動量が少ない、しかも独身、などストレスフルな激務で「健康的な生活習慣に構っていられない」という典型的なイメージが浮かび上がってくる。また、寝る直前に夜食を食べる習慣がある男性は、55%も冠動脈疾患発症リスクが上昇した。8割近くがきちんと朝食を食べていたにもかかわらず、だ。つまり、単純に「朝ごはん抜き」の食習慣が冠動脈疾患につながるというわけではなく、それに象徴されるアンバランスな食習慣が危険因子だと推測される。今回の調査対象者は男性で、9割以上がヨーロッパ系白人種だったので、女性や他民族にも対象を広げて検証する必要があるだろう。

 日本では「朝食抜き健康法」を推奨する研究者も少なくない。ただし、長期の大規模試験で疾病予防効果が証明されたわけではない。今回の結果からも1食の有無に焦点を絞るのは安易に過ぎる。

 どうやら「朝ごはん」を食べる、食べない、ではなく「なぜ、朝食を抜くのか」を考えてライフスタイルを見直してみるのが一番よいようだ。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

週刊ダイヤモンド

関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧