ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

なぜ朝は食欲が出ないのか
集中力が続かない朝食欠食派の悪しき習慣

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]
【第32回】 2013年9月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 普段は朝ごはんを食べないという男性が、「朝起きたときにコーヒーを淹れている音とか香りがする家電がほしい。なんか幸せな感じじゃない?」と話をしてきた。そこで、「それって、包丁の音がトントンとかもするの?」と聞いたら、「そんな目覚ましがあったら買う!!」と楽しげな様子を見せてくれた。

 1人暮らしなどでコンビニ生活が長い人ほど、「別になければないでいいや」と朝食をスキップしがちである。食事記録を記入してもらう際も、男性の場合はとくに、朝食の欄が空欄になっていることが多い。わりとしっかり食べているな、と思う人でも、ごはん、納豆、キムチ、というパターン化された食事を摂っているくらいだ。

 コンビニ利用の場合、商品がそろっていてラインナップが豊富な時間帯はあれど、朝、昼、夜でメニューが変わるわけではなく、それこそ毎日通っていれば「もう飽きた」「どうせバタバタだし、食べなくていいや」となっても仕方がない。

 食欲は、脳の視床下部にある摂食中枢と満腹中枢によってコントロールされている。先の男性が「音が聞こえたら、香りがしたら…」と言ったのは自然なことで、食欲は食べ物の味や見た目などだけではなく、音や香り、食感、「朝ごはんできたから起きてー」なのか「早く起きて食べなさいよ!」なのか…食事に向かう雰囲気の良し悪しによっても影響を受ける。

 また、前述したような食べ物にまつわる情報に加え、脳の扁桃体では食体験の記憶・知識などが統合され、おいしそうだ、まずそうだ、などの判断がくだされる。そしてそれが視床下部に送られ、おいしそう、という判断が摂食中枢に伝われば食欲がわき、まずそう、という判断が満腹中枢に伝われば食欲はわかない。

 朝食欠食派には、実家にいた学生時代からもうずっと朝食を食べる習慣がないという人も少なくないが、「家族はどんなものを食べていましたか?」と聞くと、「適当に、そこらへんにあるパンとかかな?バラバラ」という感じで、食欲スイッチが入るような環境とは言い難い人もいる。でも、そうした体験がすべてを支配するかというと、これから新しく上書き保存することだってできるわけだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。最新の情報などはこちらへ。
著書には『甘い物は脳に悪い』『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』がある。
文化放送「オトナカレッジ・健康学科」に隔週木曜日出演中。詳しくはこちらから→オトナカレッジHP
ポッドキャスト「オトナカレッジ・聴く図書館」でも聴けます。番組紹介動画はこちら

 


オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

男も35歳を過ぎれば、体のあらゆるところにガタがくるもの。昨日の酒がなかなか抜けない、太りやすくなった、集中力が続かない、髪の毛がよく抜ける…。そんな症状を食事で改善できるとしたら?経営者や管理職セミナー、企業研修で多くの男性ビジネスパーソンの食事を指導している栄養士・食事カウンセラーの笠井奈津子氏がデキる&モテるビジネスパーソンになるための食事のルールをご紹介。健康的で若々しい体は食事からつくっていきましょう。

「オトコを上げる食事塾 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧