ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
20代の起業論
【第3回】 2013年9月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
榊原健太郎

起業にお金がかからなくなった

1
nextpage

日本最大級のコワーキングスペースを設立・運営する傍ら、年200回を超えるイベントで全国の起業家たちの背中を押す。そして数字よりも人物を見て現在までに60社に投資。うち複数がイグジットしただけでなく、未だに倒産はゼロ――。
その実績から2010年代の起業ブームの中心人物と目されるインキュベーターが、「いま、この日本での」起業のリアルを解説する連載の第3回は、最近の起業環境の変化と、それに大きな影響を与えたSNSについて見ていきます。

安くなったパソコン、通信費、サーバ代

 ここまで、最近の起業家に関することを話してきましたが、それと関連して、起業家を取り巻く環境が昔(たとえば第3世代の頃)とどう変わったかについても整理しておきましょう。

 設備投資やある程度の人件費が必要な製造業、サービス業と比べて、IT系の場合はもともと起業にかかる費用が格段に安く、それが以前の起業ブームの1つの理由でした。しかしそれでも、2000年の頃に起業したら、一般的には、事務所代、机・椅子などの設備、パソコン、サーバ、電話・ファックス・コピー機、事業展開するための広告・宣伝費などが必要でした。会社を登記する場合にも、株式会社で1000万円、もうつくれなくなった有限会社で300万円が必要でした。

 それがいまでは、とにかくお金がかからなくなりました。

 その理由を挙げてみると、まず、絶対に必要なパソコンの値下がりがあります。昔は、1台で数十万円もする巨大なデスクトップPCが数台はないと、事業をはじめられませんでした。ノートパソコンもありましたが、通信環境がまったくといっていいほど整っておらず、ほとんどの人は自宅やオフィスの中だけで使っていました。IT系の企業のオフィスには何台ものパソコンが並び、床にはLANケーブルが張り巡らされていたものです。

 ところがいまは、処理能力と容量が段違いになったパソコンが、安ければ5万円ほどで買えてしまいます。

 通信費用も昔は経営者の頭痛の種でした。それが、2001年に孫正義さんがADSLサービスYahoo! BB開始したことをきっかけに、あっという間に下がりました。そしていまでは、イーモバイルに代表される無線LANサービスや無線Wi-Fiが月々数千円、場合によっては無料で利用できます。起業家やエンジニアにとっては夢のような環境になっています。

 サーバにかかる費用が圧倒的に安くなったことも大きいです。2000年以前には、ウェブサービスを立ち上げるのに最初から自社でサーバをそろえる必要があったし、その維持に数十万円、数百万円のお金が月々かかっていました。

 その後、レンタルサーバのサービスがはじまりましたが、それも当初はまだ高く、GREEの田中良和さんやピクシブの片桐孝憲さんも、創業当時、クレジットカードでキャッシングをしながらサーバ代を払っていたという逸話があります。その頃までは、いかに限られたサーバの容量の中で、サービスを維持するかがエンジニアの腕の見せ所だったのです。

 それが、「クラウド」の充実で一気に安くなりました。たとえばMicrosoftやAmazonは無料のレンタルサーバのサービスまではじめていて、普通のウェブサービスのテスト版なら、その枠内で十分にスタートできます。国内では、ビットアイルやさくらインターネットなどが有名ですね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


榊原健太郎 (さかきばら・けんたろう)

1974年生まれ。名古屋市出身。株式会社アクシブドットコム(現VOYAGE GROUP)創業期において営業統括として、営業本部の立上げ、営業販促戦略、広告商品開発、アライアンス戦略に取り組む。その後、インピリック電通(現電通ワンダーマン)にて、大手情報通信・飲料メーカー・金融会社のダイレクトマーケティング戦略に従事。その後、株式会社アクシブドットコム(現VOYAGE GROUP)に復帰、営業統括として、西日本広告販売ブランチの立上げ、営業本部の再構築、モバイルサイトの立上げに従事。2008年にシード・アーリーベンチャーの経営・マーケティング・営業・人事・財務・CI戦略支援に特化した株式会社サムライインキュベートを設立し代表を務める。スタートアップのベンチャーに投資するとともに、60社程のベンチャーの社外取締役を兼務している。
サムライインキュベート http://www.samurai-incubate.asia/
Facebook: http://www.facebook.com/sakakibara.kentaro
Twitter.:https://twitter.com/samurai_ken

 


20代の起業論

 日本最大級のコワーキングスペースを設立・運営する傍ら、年200回を超えるイベントで全国の起業家たちの背中を押す。そして数字よりも人物を見て現在までに60社に投資。うち複数がイグジットしただけでなく、未だに倒産はゼロ――。

 その実績から2010年代の起業ブームの中心人物と目されるインキュベーターが、ここ10年で大きく変わった「いま、この日本での」起業のリアルを解説します。

「20代の起業論」

⇒バックナンバー一覧