ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ダメリーマン脱出整理術 草間雅子

仕事のできる人、できない人の明暗を分ける
クローゼット収納「4つのルール」

草間雅子 [美的収納プランナー]
【第9回】 2013年9月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 皆様、こんにちは。美的収納プランナーの草間雅子です。

 先日、セミナーでアンケートを実施した際、意外に多かったのが男性のクローゼット(衣類収納)に対するお悩みでした。

 ところで、あなたは朝、どのように身支度を整えていますか?

 パツンパツンのクローゼットや引き出しから引っ張り出したシャツはシワシワ。

 朝からどことなくだらしないお疲れ感が漂う服装で、パリッとしていない、冴えない感じ。

 しかも、いつも慌てて、とりあえず手前の物から取り出すため、たくさん服を持っている割に同じ物ばかり着てしまう。

 今日は接待だったのに…、社内プレゼンだったのに…。準備ができていなかったために、うっかりTPOをわきまえない服装で出掛けてしまい、どことなく自信のない1日を過ごしてしまう。

 なんて事は、身に覚えないでしょうか?

 ファッションで気分が変わるのは、女性だけではありません。“勝負ネクタイ”という言葉が一時流行ったように、服装次第でその日の気分や、仕事に挑む姿勢・自信、はたまた仕事の勝機ですら左右されてしま事もあるほど、ビジネスパーソンにとってファッションは侮れないものです。

 ですから、その“基地”となるクローゼットを機能的かつ美しく整える事は、男性にとっても非常に重要であると私は感じています。

デキる男のクローゼットで
朝から「5つのメリット」が生まれる

 忙しいビジネスパーソンにとって、クローゼットが整う事で得られる最大のメリットは、なんといってもやはり『時間』でしょう。

 例えば、朝に生まれた時間で、以下のような5つのメリットを得られるようになります。

①1記事でも多く新聞に目が通せる
②出勤前に今日やる事の資料などに目が通せる
③1日の流れをシュミレーションでき、いいアイデアが湧く、すぐに仕事に取り掛かれる
④仕事の段取りもより丁寧にできる
⑤1本早い電車にも乗れる

→いつも早めに出勤してる人は、時間に正確な人という“信頼できる感”が高い

 そんな『時間』を生み出す“デキる男のクローゼット”を実現するには、非常に高度で面倒な技術が必要なように思えますが、実は全くそうではありません。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

草間雅子 [美的収納プランナー]

京セラ広報部に在職中、仕事効率を左右するファイリング、職場のシステムに興味を持つ。 結婚後、医療機器メーカー等の社長付き秘書を務めていたとき、リバウンドしない収納システムが評判になり相談を受けていくうちに、オフィスや家庭の収納の重要性を痛感。「収納学」と「カラーイメージ理論」を学び、個人事務所Feliceを設立。リバウンドの少ない独自の分類収納法『美的収納』を確立する。個人宅やオフィス、店舗の収納コーディネートを手がける一方、セミナー、コンサルティングなど幅広く活躍中。 公式サイトブログ

 


ダメリーマン脱出整理術 草間雅子

やる気・能力があるのに、なかなか結果が出ない。そんな風に悩んでいる人は、机が汚かったり、整理整頓ができていないことが少なくありません。この連載では、そんなダメリーマンがデキる男に変わるためのとっておきの収納術をご紹介します!

「ダメリーマン脱出整理術 草間雅子」

⇒バックナンバー一覧