HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

「引きこもり」するオトナたち

大人になっても友人なし、家族とも全く話せない
わが子の緘黙(かんもく)症に悩む親の苦しみ

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第165回】

 「緘黙(かんもく)」とは、ある特定の場面になると、何も話せなくなる状態のことで、「場面緘黙症」とも呼ばれている。

 中には、特定の場面だけでなく、家族も含めて、すべての場面において話せなくなる「全緘黙(症)」の状態になる人もいる。

 こうした「緘黙症」の人たちの存在は、過去の連載(第108回参照)などでも取り上げたが、それまではまったく知られていなかったにもかかわらず、実は潜在的に多いかもしれないことがわかってきた。

 しかも「大人になれば、自然に治る」と専門家から言われてきたのに、何年経っても状況は本質的に変わらない。それどころか、大人になると、学校の問題から離れ、本人の生涯にわたる大きな問題になり得ることも明らかになってきたのだ。

 そんな「緘黙症シンポジウム」が、日本特殊教育学会の自主シンポジウムとして、9月1日、明星大学日野キャンパスで開かれ、会場には満席の60人以上の参加者が詰めかけた。

赤ちゃんの頃は静かな「いい子」だったが…
小学生になっても友人と話せない

 シンポジウムではまず、「緘黙症」当事者で「かんもくの会」を立ち上げたHさんが講演した。

 その中でHさんは、20代半ばの娘が「引きこもり」状態にある母親K子さんの事例を紹介した。K子さんの娘は、いまも働きに出ることができず、毎日自宅で過ごしていて、友人は1人もなく、家族ともまったくしゃべることができない。

 娘は、赤ちゃんの頃から極端に大人しい子で、あまり泣くこともなく、知らない人に抱かれても大人しく抱かれていた。また、親の言うことは素直に聞く、手のかからない「いい子」だった。

 小学校では、友人と遊んだりおしゃべりしたりするのが苦手で、休み時間は本を読んだり、1人で図書室にいたりした。

 社会科見学でバスの席を決めるのに、仲のいい子同士で座れるように決めたら、1人残された。自分から声をかけることができない娘は、誰かが「一緒に座ろう」と言ってくれるのを待っていたのではないか、とK子さんは振り返る。取り残されたようでつらかったのだろう。先生が「誰と座りたいの?」と尋ねると、泣いてしまった。

 国語の音読で、先生から「もっと大きな声で読みなさい」と注意され、何度やり直しさせられても、大きな声は出なかった。

1 2 3 4 >>
関連記事
このページの上へ

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧