ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む

日米の産業構造に決定的な差をもたらす
「高度な知的プロフェッショナル」の育成

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第55回】 2010年1月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 前回、金融危機を契機として製造業の利益の落ち込みが激しいことを見た。製造業が全産業のなかで大きな比重を占める日本としては、この産業構造を今後変えてゆかなければならないだろう。その際、参考となるのは、アメリカにおいて金融などの先端的産業が急速に復活していることだ。製造業の比率がかなり低くなっているアメリカの状況は、重要なモデルとなる。

 そこで、産業間の違いの問題を、就業の側面から見ることとしよう。そして、そのような就業構造を実現するための教育制度などを考えることとしよう。こうした分析は、日本で未来のリーディング・インダストリーを考える際に、是非とも必要とされるものだ。

高報酬産業は知識集約産業

 1人当たり年間報酬を見ると、産業間でかなりの差が見られる。とくに注目すべきは、金融業の1人当たり報酬の高さだ。【図表1】に示すように、2008年において、金融業は、製造業に比べて3割程度高い。

 ただし、金融と言っても、業種の差はかなり大きい。1人当たり報酬が高いのは、証券・商品・投資の部門だ(これを以下では、「投資銀行的業務」と呼ぶことにしよう)。これについで、ファンド・信託がある。保険業務と金融仲介業は、さほど高くない。

 もともとそのような差があったが、2003年頃から特に顕著になった。投資銀行的業務と製造業を比べると、1990年代の末には3倍程度であったのだが、2007年には3.8倍にまで拡大した。アメリカの有力大学の学部の学生の9割もが金融を志望したといわれるのだが、これだけの報酬格差があるのでは、当然のことだ。

 日本の金融業は、金融仲介と保険が中心であり、投資銀行的な活動はあまりない。つまり、アメリカの「金融業」というのは、日本の金融業とはかなり性格が異なるものなのだ。

 ここで、「高額の報酬」を、やや恣意的であるが、8万ドル以上と定義しよう。08年において、この条件を満たす産業は、つぎのとおりだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
消費税だけでは財政再建できない!「日本を破滅から救うための経済学」

経済論争の最大のトピック=デフレ問題から、赤字国債発行の問題点、年金の破綻、消費税増税、円安誘導の為替政策まで、主要論点を網羅。いずれのテーマでも、通説と一線を画す内容に驚愕すること必至。綿密なデータの読み込みに裏付けられた、野口教授のマクロ経済政策論!1680円(税込)

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む

突如として世界中を襲った経済危機。激流に翻弄される日本経済はどうなってしまうのか? なすべき対策はあるのか? 100年に1度の未曾有の事態を冷静に分析し、処方箋を提示する野口悠紀雄の緊急連載!

「野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む」

⇒バックナンバー一覧