ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

マツダ新型「アクセラ」
またも一般道貸切のプロトタイプ試乗!
最新テレマ搭載のスーパーハンドリングカーに変貌!!

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第160回】 2013年9月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
TOYO TIRES ターンパイク、大観山ビューラウンジ前に並んだ新型「アクセラ」。昨年10月の「アテンザ」試乗会とそっくりの光景だ Photo by Kenji Momota

「アテンザ」との共通点、
「アテンザ」との違い

 マツダが、またやった――。

 2012年10月の「アテンザ」プロトタイプ試乗会と同様、TOYO TIRES ターンパイク(神奈川県・箱根小田原本線)を全面的に貸り切った。

 今回持ち込まれたプロトタイプは、今年後半に日本発売予定の「アクセラ」の5ドアハッチバック、商品名「アクセラスポーツ」だ。

 「アクセラ」はマツダにとって、世界市場でのボリュームゾーンを狙うCセグメント車。80年代に一世を風靡した「ファミリア」(欧州での「323」)の後継として2003年、初代モデルがデビュー。2009年に第二世代が登場。過去10年間の累計販売総数は350万台を超える。

 箱根新道を登って、辿り着いた大観山ビューラウンジ。駐車場に整列した「アクセラ」プロトタイプたちを見て、「まるで去年と同じ光景だ」と思った。同車の顔つきが「アテンザ」にそっくりだからだ。だが、よくよく見ると、違う。マツダファミリーとしての共通項はあるが、実は違う。これはデザインだけでなく、マツダの真骨頂である“走り”についても、両車には違いがある。

 さらに驚きは、テレマティクスだ。本連載でご案内の通り、いまシリコンバレーを基点にインフォテイメント系テレマティクスで大異変が起こっている

 その流れにマツダは、新型「アクセラ」を皮切りに、一気に乗ろうとしている。

 では、実際の試乗会の進行に沿って、筆者が感じたありのままをご紹介していこう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧