ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
伝え方が9割
【第17回】 2013年9月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木圭一 [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

伝え方で勝利!オリンピック東京招致プレゼン

1
nextpage

2020年の夏季オリンピック・パラリンピックの開催地として、東京が選ばれました。接戦を勝利する決め手となったのは、最終日のプレゼンだと言われています。40万部突破のベストセラー『伝え方が9割』の著者佐々木圭一氏が、この勝利を勝ち取ったプレゼンを、「伝え方」の切り口で解説します。

「イエス」と言わせた伝え方

 うす暗かった日本がぱっと明るくなるようなニュースでした。東京がオリンピック誘致を成功させた瞬間です。多くの人が事前のロビー活動も含め、努力を重ねてきたのだと思います。でも結果は、最後の最後までわからないとされていました。時に、マドリードのほうが優勢という情報もありました。この接戦で、決め手となったのは最終日のプレゼンだと言われています。

 「日本のプレゼンは2016年招致と違い、2020年招致はよく考え尽くされていた」と海外のメディアから評価をうけています。プレゼンとは、簡単に言えばお願いです。「東京にオリンピックの開催地に選んでください」というお願いです。伝える相手であるIOCが東京に「イエス」と言いやすくなるようなお願いをしてきたのです。

 今回のプレゼンの勝因は、滝川クリステルさんが美しかったからなど、さまざまな評価が出ております。ですが、私は今回のプレゼンは、伝え方がよかったことが勝因だと考えています。

 今回の日本のプレゼンを、伝え方という点で考えてみると、気づくことがあります。「ノー」を「イエス」に変えるお願いのしかたには、7つの切り口があります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
運、タイミング、テクニックに頼らない! 最強のファンダメンタル株式投資法

運、タイミング、テクニックに頼らない! 最強のファンダメンタル株式投資法

v-com2 著

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年3月

<内容紹介>
他の投資家に先回りして銘柄を仕込む人気個人投資家の手法を豊富な事例で公開。企業の業績や資本政策、IR発表などから儲けのネタを見つける具体的方法とは。ファンダメンタル投資の基礎から深いところまで真剣に学びたい人向きの一冊。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、4/9~4/15)



佐々木圭一(ささき・けいいち) [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

新入社員時代、もともと伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され苦しむ。連日、書いても書いてもすべてボツ。紙のムダということで当時つけられたあだ名は「もっともエコでないコピーライター」。ストレスにより1日3個プリンを食べ続ける日々を過ごし、激太りする。それでもプリンをやめられなかったのは、世の中で唯一、自分に甘かったのはプリンだったから。あるとき、伝え方には技術があることを発見。そこから伝え方だけでなく、人生ががらりと変わる。本書はその体験と、発見した技術を赤裸々に綴ったもの。 本業の広告制作では、カンヌ国際広告祭でゴールド賞を含む3年連続受賞、など国内外55のアワードに入選入賞。企業講演、学校のボランティア講演、あわせて年間70回以上。郷ひろみ、Chemistryなど作詞家として、アルバム・オリコン1位を2度獲得。『世界一受けたい授業』等テレビ出演多数。株式会社ウゴカス代表取締役。

佐々木圭一公式サイト: www.ugokasu.co.jp
Facebook:www.facebook.com/k1countryfree
twitter:@keiichisasaki


伝え方が9割

伝え方にはシンプルな技術があります。
本連載では、著者が膨大な時間とトライ&エラーで導き出した方法論のエッセンスをご紹介します。
この方法論を使えば、料理のレシピのように、誰でも強いコトバをつくれるようになります。是非、本連載のエッセンスを仕事やプライベートに活用してください。

「伝え方が9割」

⇒バックナンバー一覧