ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
これからの中国ビジネス チャイナリスクとその対応策
【第6回】 2013年9月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
村尾龍雄 [キャストグループ代表/弁護士・税理士]

昔の勤務先や人民解放軍の在籍年数分も払う?!
撤退時のリスク1 メガトン級の経済保障支払い

1
nextpage

中国ビジネスから撤退すべきか継続すべきか悩む場合は、まず、撤退に伴うリスクを明確に認識しておくことが必要でしょう。撤退に伴うリスクが極めて大きければ、黒字化に少し時間はかかるものの、そのチャンスがある限り、中国ビジネスを継続するという決断ができるからです。新刊『これからの中国ビジネスがよくわかる本』のダイジェストをお伝えする本連載では、今回から“撤退時に留意すべきリスク”を紹介します。初回は、なかでも最大級のリスクと思える、従業員に支払う経済補償について。背筋も凍る、超メガトン級リスクです…。

撤退時に支払う「経済補償」とは何か?

 本題に入る前に、撤退にはどのような手段があるのか、簡単に解説しておきます。原則的な手法は、第三者(合弁事業の場合、合弁パートナーを含みます)に対して、自社が保有する中国の子会社の出資持分を全部譲渡することによる撤退です(以下「出資持分譲渡型撤退」)。そして例外的な手法は、中国の子会社を経営期間の満了前に解散・清算することによる撤退です(以下「清算型撤退」)。

 前者が原則的といえるのは、後者が中国の子会社の法人格が消滅するまで、すべての資産を売却・処分し、すべての負債を支払い、清算するという気の遠くなるような作業をしなければならないことと比較して、簡便かつ迅速で、相対的にリスクが小さいからです。以上を前提として、今回は特に労働法に関わる、経済補償について説明していきましょう。

 清算型撤退を選択する場合、従業員との労働契約は必然的に終了します。中国の子会社そのものが解散・清算のプロセスを経て、なくなってしまうからです。

 このような場合、中国の子会社は従業員に対して、過去の勤務年数に応じた経済補償を行う必要があります。単純化して言えば、中国の子会社で過去に満X年間勤務した従業員がいるとすれば、原則として基本賃金だけではなく、各種手当や補助などすべてを含む直近12ヵ月の賃金の平均額Yを基準として、(X×Y)が経済補償の金額となります。

 この経済補償は、日本でいうところの退職金とは異なります。日本の退職金は企業が任意に導入すべきもので法律が強制するものではありませんから、日本では退職金制度を持たない会社が多数存在します。

 対する中国の経済補償は、撤退時など一定の定められた場面では会社が支払うことを法律が強制します。また、両者はそもそも、目的や趣旨が異なります。たとえば、日本の退職金は最高裁判例によれば「過去の貢献に対する報奨金」という性質と、「給与の事後払い」という2つの性質を有します。これに対し、中国の経済補償は「生活補助費」という古い呼び名から推察されるとおり、転職が難しく失業保険制度も整っていなかった時代に「会社都合で失業した従業員の生活補助」を付与する趣旨で始まった制度です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村尾龍雄 [キャストグループ代表/弁護士・税理士]

 

1990年京都大学経済学部経済学科卒業。神戸市役所を経て95年弁護士登録。99年村尾龍雄法律事務所、2000年キャストコンサルティング(上海)、02年弁護士法人キャスト、11年村尾龍雄律師事務所(香港)を設立し、中国事業の法務・会計・税務のコンサルティングは10年以上の実績をもつ。日系企業のアジア進出サポートのため、2012年キャストコンサルティング(ミャンマー)、2013年弁護士法人キャスト ホーチミン支店を設立し、現地に根差したプロフェッショナルサービスを提供している。上海市に貢献のあった外国人に付与される「白玉蘭賞」を2度受賞。IGPI上海特別顧問。

 


これからの中国ビジネス チャイナリスクとその対応策

債権回収や人材マネジメントの難しさに加え、反日デモや賃金上昇など、中国ビジネスのリスク因子は増えるばかり。それを理由に、今後10年間でもっとも成長する巨大市場を見過ごすべきではありません。中国ビジネスに弁護士として約20年携わっている村尾龍雄弁護士が、今後の中国市場の見通しや、チャイナリスクとそのヘッジ策などについて紹介していきます。

「これからの中国ビジネス チャイナリスクとその対応策」

⇒バックナンバー一覧