ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
手帳は仕事と人生の支えになる――『和田裕美の営業手帳』
【第6回】 2013年9月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
和田裕美+ダイヤモンド社書籍編集局

「自分との約束」を手帳に書いて、自己規律を保つ
手帳を自己管理に活用する方法

1
nextpage

手帳はスケジュール管理ばかりでなく、健康管理や自分を振り返るための記録としても、たいへん役に立つ。和田裕美さんに、自己規律についての考えを語っていただくとともに、手帳を自己管理のツールとして活用している愛用者を紹介する。

誰も見ていなくても、何も見返りがなくても……

 小さなことでも何か自分がやろうと決めたことは、「自分との約束」として手帳に書き留めます。「思い」を「文字」にして記すのです。

 手帳に書くと、いつ書いたか、いつまでに達成したいかという時間の概念が含まれるので、より未来を創造できるように思っています。

 私の場合、17年前に母が突然亡くなって以来、「困ったときの神頼み」はしないと心に決め、毎朝、自宅の神棚のお水を替えて大祓祝詞を奏上し、仏壇の母やご先祖に般若心経をあげることを続けています。何かをお願いするのではなく、「今日もありがとうございます」とか、周囲の人たちの名前を声に出して「ありがとうございます」と唱えることで、より大きな感謝を実感しています。

 誰かが見ているからとか、見返りがあるからという理由だと、それらがなくなったときに、投げ出したりサボったりしてしまいそうです。でも、「誰も見ていなくても私自身が見ている、私の中の神様が見ている」と思うようになれば、踏ん張ることができるようになるのです。自分と神様には嘘はつけないから、自己規律が生まれるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、3/12~3/18)




手帳は仕事と人生の支えになる――『和田裕美の営業手帳』

9月28日に発売される『和田裕美の営業手帳2014』。 営業職だけでなく、企画、技術、介護・看護、教職など幅広い層の支持を得て9年目 のロングセラーとなった手帳に込めた著者の思いを語っていただくとともに、愛用者 たちのさまざまな活用例を紹介していく。

「手帳は仕事と人生の支えになる――『和田裕美の営業手帳』」

⇒バックナンバー一覧