ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

現代版「サンダーバード」はミスマッチ?
真の環境未来都市・北九州市の底力

――超小型モビリティの可能性を探る旅⑩

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第161回】 2013年9月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
東芝が協賛し、再生可能エネルギーへと転換された「トレーシーアイランド」の大型模型。サンダーバード博にて Photo by Kenji Momota

1965年に妄想した
2065年の世界

 5(Five)、4(Four)、3(Three)、2(Two)、1(One)。
 Thunderbirds are go!!

 1960年代、英国の特撮人形劇(スーパーマリオネーション)が世界に衝撃を与えた。番組名「サンダーバード」。制作はジェリー・アンダーソン氏率いるAPフィルム。

 舞台設定は2065年。元宇宙飛行士で資産家のジェフ・トレーシーが子どもたち5人と結成したIR(International Rescue/国際救助隊)が、世界各国での事故や災害に最新機器を駆使して挑む。

 日本では60~80年代に何度も再放送され、幅広い世代の“良き思い出”となっている。そうした社会背景から、「サンダーバード博」(2013年7月10日~9月23日・日本科学未来館/東京お台場)が開催された。副題は“世紀の特撮が描くボクらの未来”。

 展示順路の前半では、特撮の裏側を紹介。台詞は予め収録し、その音声を電気信号に変換して人形の口を開閉する仕組みに、関心を示す来場者が多かった。順路の中盤過ぎからは、現代の最新技術との融合。1965年制作当時に100年後の2065年を想像した世界観、それと2013年現在の最先端技術を直接比較した。分野としては、エネルギー開発、モビリティ、医療、災害救助などだ。

 その中に気になる展示があった。それは、国際救助隊の基地である「トレーシーアイランド」を、現代版にモディファイした大型模型だ。協賛は東芝で、風力発電、太陽光発電、そして小水力発電を系統連系し、再生可能エネルギーアイランドに仕立てた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧