ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

マイクロソフトのiPad対抗策
「サーフェス」がリベンジできる可能性

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第263回】 2013年9月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 マイクロソフトが米時間9月23日、同社のタブレット型コンピュータ「サーフェス」の新型バージョンを発表した。発売は、10月22日の予定だ。

 サーフェスの最初のバージョンは昨年夏に発表され、マイクロソフトが初めてコンピュータ・ハードウェアに挑むとあって話題になった。だが、同年10月に実際に発売が開始されると売上は伸びず、発売直後に担当重役が辞職するなど、イメージ面でも幸先の悪いスタートを切っていた。

 今回は、そのサーフェスがアップデートされたわけだが、見た目は初代バージョンとほとんど変化はない。2モデルあり、モバイル用のマイクロプロセッサーを搭載した「サーフェス2」と、PC級の「サーフェス・プロ2」だ。スクリーンサイズは、いずれも10.6インチである。今回のアップデートでは、いずれのモデルでもバッテリーの持ちを格段に向上させ、スクリーンの解像度もアップさせた。初代モデルで苦情の多かった点だ。

なぜ初代サーフェスは売れなかったか

 初代バージョンの「サーフェスRT」と「サーフェス・プロ」は、優れたフィーチャーが多いのに、マーケティングの面でもタイミングの点でも、その魅力をアピールし損ねた感があった。

 優れたフィーチャーというのは、軽量であることに加え、カバーがキーボードを兼ねているという点。通常のタブレットでコンピュータ並みの入力を行おうとすると、使いにくいバーチャルキーボードを耐え忍ぶか、外付けキーボードを別に持ち運ぶ必要があった。だが、サーフェスのカバーキーボードは、タッチ式とメカニカルなタイプ式があり、いずれも通常のコンピュータ用キーボードと同じようにタイプすることができた。ことに後者のタイプ式は感触も感度も良く、それを薄く軽量なカバーに統合させた高度なハードウェアデザインがうかがえた。だが、その魅力の足を引っ張る要因がいくつもあった。

 まず値段。モバイル用プロセッサーが搭載されたモデルは500ドル近くもし、iPadよりは多少安いが、アンドロイドタブレットの2.5倍以上の価格だった。そしてPC級モデルの900ドルは、PC としては手頃だが、このモデルを単なるタブレットだと勘違いしている人々には、とんでもなく高い価格に感じられたのだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧