ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ネット時代のルール&マナー講座

インターネットに潜む「罠」に気をつけて

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会
【最終回】 2009年7月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ルータなどの設定を変更されてしまう事例も

 インターネットの利用には、コンピュータウイルス以外にも危険が潜んでいる。たとえば、企業でも普及が進む無線LANへのただ乗りもその1つだ。

 無線LANは、文字どおり無線通信でデータの送受信を行なうため、無線LANを利用できる機器が付いたパソコンがあれば、どこからでも接続できる。そのため、セキュリティ対策を施していないと、第3者に勝手に接続され、不正アクセスを受けたり、犯罪行為などの踏み台にされる可能性がつきまとう。

 それどころか、ルータなどの接続機器の設定を変更されてしまい、乗っ取られてしまうおそれすらあるのだ。第三者が他人の無線LANを踏み台にして不正行為を行なった場合、その無線LANの管理者と無実の利用者に嫌疑が向けられる。

 無線LANを利用する場合は、セキュリティ対策を施して予定された人以外は利用できないようにしておかなければ、不正な行為に巻き込まれることになりかねない。

重要な添付ファイルにはパスワード設定を

 メールによる情報流出の原因は、送信先を間違えるといったヒューマンエラーによるものがほとんどだ。対策は、送信前によく注意するのはもちろんのこと、フィルタリングソフトを導入して情報流出を防ぐ方法もある。また、重要なファイルは添付ファイルにしてパスワードを設定しておけば、たとえその存在が知られても、ファイルの中を見られる危険性は減少する。

 さらに、作成したファイルの配布先を限定したり、印刷やファイル保存ができる人を特定し人数を制限することが可能なソフトウエアもある。情報流出を防ぐため、企業では、DRM(*)技術を利用したセキュリティシステムの導入も進んでいる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会


ネット時代のルール&マナー講座

IT技術の進歩は、われわれの仕事や生活に大きな「便利」を与えたが、一方でそこには危険やトラブルにつながる落とし穴も少なくない。当連載では、ビジネスマンが最低限知っておくべきネット時代の「ルール」と「マナー」を解説する。

「ネット時代のルール&マナー講座」

⇒バックナンバー一覧