ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

就職戦線に異変ありで
選ばれる大学に地殻変動
就職に強い大学はここだ!

週刊ダイヤモンド編集部
【13/10/12号】 2013年10月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

卒業後に進むことができる企業は
大学受験の段階でほぼ決まっている

 大学卒業後、どういった企業に進むことができるのか。今や、大学を受験する段階でほぼ決定づけられているといっても過言ではない。そこで、大学の就職の現状について見ててみることにしよう。

 製造業で、東京証券取引所1部に上場している大手企業の人事担当者は、昨年来、ある悩みを抱えていた。

 「もっと採用しなければならないのに、接触さえできない……」

 この担当者は、全国の大学に出張しては学生対象のセミナーを開くなどしているが、なかなかお目当ての学生に巡り合えないと嘆く。

 狙っている学生とは、理系の女子学生、通称「理系女(リケジョ)」。普段は、実験室や研究室にこもりっ放し、就職も大学の推薦枠で決めてしまうから、採用にこぎ着けられずにいるという。

 しかもである。ここ数年、銀行や外資系金融機関といった、これまで文系の学生を中心に採用していた企業が、理系学生の市場になだれ込んでおり、小さなパイを奪い合う構図となっている。まさにリケジョ争奪戦の様相を呈しているのだ。

 なぜリケジョが人気なのか。まず、企業が女性の登用を積極化させている流れがある。最近では、日立製作所が女性の管理職を2020年度までに1000人まで増やす方針を打ち出したほどだ。

 「女性は柔軟性が高く、目まぐるしく変わるビジネス環境に対する適応能力が高い」(大手企業の採用担当者)ことも人気の秘密だ。

 その上で、理系であれば「実験やゼミなどでしごかれているため、論理的な思考力など、素養がしっかりしている。しかも数学を勉強し、さまざまな分野で応用が利くことが強み」(同)だという。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧