ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

被害者の拡大が続く中で
カネボウが美白化粧品を投入

週刊ダイヤモンド編集部
2013年10月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
美白化粧品による白斑の被害者は今なお増加している
Photo by Tatsuya Noguchi

 美白化粧品で肌がまだらに白くなる白斑のトラブルを起こしているカネボウ化粧品が、早くも11月に美白化粧品の新製品を投入することが週刊ダイヤモンドの調べでわかった。

 11月に発売するのは、スキンケア化粧品「トワニー」「インプレス」など、自主回収した美白化粧品8ブランド54商品の代替商品。一部のブランドは統廃合するが、大半の商品は順次、代替の美白化粧品を発売していく予定だ。自主回収した中では最大のブランドである「ブランシールスペリア」については再発売に失敗した場合の影響の大きさを考えて、来年以降の発売となった。

 こうした動きに対し、「早過ぎる発売だし、問題が多い」(業界他社の幹部)と批判が上がっている。

 まず、顧客からの問い合わせが減少しつつあるとはいえ、被害者は今も増加し続けている。トラブルを認識して自主回収を発表したのが7月4日であり、8月末の1週間でも数千件の問い合わせがあった。まだ被害は沈静化したとはいえないというのが、業界他社の見方だ。

 しかし、カネボウは9月11日に外部専門家による第三者委員会の報告書を発表しており、一部の被害者には賠償金の支払いを始めたことで、「経営陣は、みそぎの期間は終わりつつあるという認識を持っている」(カネボウ関係者)というからあきれるしかない。

 それを証明するように、9月8日にはメーキャップ化粧品「ケイト」のテレビコマーシャル(CM)放映を開始している。9月11日の記者会見で、夏坂真澄・カネボウ社長は「流通(販売店)のほうから商品が置き去りになっているとの指摘もあり、CMを再開した」とコメントしており、後で社内の失笑を買った。

 あるカネボウ関係者は「今の経営陣は、販売店の顔色ばかりうかがい、顧客をまったく見ていない」と心配する。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧