ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
かの残響、清冽なり――本田美奈子.と日本のポピュラー音楽史

身に覚えのない原風景を日本人に刷り込んだ
「文部省唱歌」はどのように生まれたのか

坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]
【第38回】 2013年11月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

本田美奈子さんがレパートリーとして歌った唱歌は5曲。発表順に並べ替えるとこうなる。だれでも歌ったことがあり、全部ではないにせよ、歌詞もかなり覚えているはずだ。そして、なんとなく懐かしい。では、どうして万人が懐かしいと感じるのだろうか。

「夏は来ぬ」(1896)作詞・佐佐木信綱、作曲・小山作之助【唱歌】
「旅愁」(1907)ジョン・オードウェイ(米)作詞作曲、犬童球渓訳詞【唱歌】
「鎌倉」(1910)作詞・芳賀矢一、作曲者未詳 【文部省唱歌】
「紅葉」(1911)作詞・高野辰之、作曲・岡野貞一【文部省唱歌】
「故郷」(1914)作詞・高野辰之、作曲・岡野貞一【文部省唱歌】

小山作之助のオリジナリティ

 「夏は来ぬ」は、民間で編集・出版された教科書、教育音楽講習会編纂『新編教育唱歌集』(第1集~第8集、三木書店、1896-1906)に収録されている。作曲年が1896年となっているが、国会図書館に所蔵されている第1集と第2集には掲載されていないので、おそらく1900年以降の作品だと思われる。

教育音楽講習会編纂『新編教育唱歌集』第1集(1896)のトビラ

 佐佐木信綱(1872-1963)は東京帝国大学出身の万葉学者にして高名な歌人だ。小山作之助(1864-1927)は音楽取調掛で学んだ最初期の作曲家で、卒業後は東京音楽学校教授をつとめ、市井では芝唱歌会を主宰して西洋音楽である唱歌の普及や東京音楽学校進学を目指す青年らを指導していた。瀧廉太郎(1879-1903)にも芝唱歌会、東京音楽学校を通して教えている。

 小山は團伊玖磨がこの時期の作曲家のなかでもっとも評価している人物である。

 「筆者が小山作之助に注目するのは、彼の曲に同時代のほかの作曲家たちとは違うオリジナリティを感じるからです。/まずテンポ感の違いです。日本人の音楽に対するテンポ感は、邦楽によって培われたせいか、基本的にゆっくりで、歌もたいていはゆっくりと歌います。初期の唱歌もまたしかりでした。ところが、そんな時代にあって、小山の『夏は来ぬ』(うの花のにおう垣根に、時鳥 早も来鳴きて。佐佐木信綱詞)は、テンポは速く、曲調もたいへん明るく(略)」(團伊玖磨『私の日本音楽史』(NHKライブラリー、1999)と、小山の作風を評価している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


かの残響、清冽なり――本田美奈子.と日本のポピュラー音楽史

日本のポピュラー音楽の誕生をレコード産業の創始と同時だと考えると、1910年代にさかのぼる。この連載では、日本の音楽史100年を、たった20年の間に多様なポピュラー音楽の稜線を駆け抜けた本田美奈子さんの音楽家人生を軸にしてたどっていく。

「かの残響、清冽なり――本田美奈子.と日本のポピュラー音楽史」

⇒バックナンバー一覧