ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
データを武器にする
【第3回】 2013年11月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
渡辺啓太

「タブレット上の空論」では勝負に勝てない
全日本女子バレーボール・現場を動かすデータ戦略

1
nextpage

11/12(火)より「ワールドグランドチャンピオンズカップ2013」(グラチャン2013)が開幕、全日本女子チーム・火の鳥NIPPONの激闘が始まる。
2012年ロンドン五輪での28年ぶりのメダル獲得の快挙を成し遂げた女子バレーボール。日本のバレーボール界で初めてのプロの専属アナリストとしてロンドン五輪のメダル獲得に貢献、現在もチーフアナリストとして活躍する渡辺啓太氏に、データを駆使した火の鳥NIPPONの戦い方を聞いた。

データを「伝える」「捨てる」も
アナリストの仕事

 私の考えるアナリストとは、「『チームが勝つ』という目的のために、有益な情報を意思決定者に戦略的に提供する専門家」のことです。データを打ち込み(収集し)、分析するだけがアナリストの仕事ではありません。

  1. 1. チームの方針、コンセプト作り、目標設定の支援
  2. 2. 1.を裏付けるデータ収集
  3. 3. 課題の洗い出しと、効果的な克服方法の立案
  4. 4. 目標達成、全日本女子チームが“世界で勝つため”に、日本そして世界の
  5. 国々のあらゆる情報を精査し、それを具体的な勝利の手段に落とし込む
  6. 5. 日々の練習等で、監督・コーチ・選手、時には協会の人たちにも、必要なデータをしっかり理解してもらえるよう、伝える

  これらが私に与えられたタスクです。

  監督やコーチと協力して進めることが多いですが、課題をデータで「洗い出す」ことや、数字が苦手な現場の選手たちにもわかりやすくデータを「伝えること」、伝わるようにデータをいろいろな形に「加工すること」や、時としては不要なデータを「捨てること」もアナリストの役目です。

  選手たちがその磨き上げられた技術と、身体、そして精神力を武器にコート上で躍動するように、アナリストはコートの内外で起こるありとあらゆる現象を数字化し、データとして咀嚼し、勝利のために使います。

  まさにデータを武器に、世界と戦っているのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


渡辺啓太(わたなべ・けいた) 

全日本女子バレーボールチーム情報戦略担当(チーフアナリスト)。 1983年、東京都生まれ。筑波大学人間総合科学研究科修了。専修大学バレーボール部時代に独学でアナリスト活動を開始。2004年に全日本女子バレーボールチームに初招集。2006年、日本バレーボール界初のナショナルチーム専属アナリストに抜擢され、全日本女子バレーボールチームの強化とアナリスト育成事業に貢献。2008年には日本選手団の最年少役員として北京五輪を経験する等、数多くの国際大会において日本の情報戦略活動を担う。 2009年からは眞鍋政義新監督のもと、引き続き全日本女子バレーボールチームのアナリストに就任。2010年には32年ぶりとなる世界選手権でのメダル獲得に貢献、2012年ロンドン五輪では28年ぶりとなる銅メダル獲得を果たした。日本オリンピック委員会強化スタッフ(情報)、日本バレーボール協会女子強化委員会主事、科学研究委員会情報戦略班員、専修大学非常勤講師。


データを武器にする

統計学やビッグデータの有用性が注目される今、実際にデータをどう現場で活かすべきか、多くのビジネスパーソンが悩みを抱えている。
この連載では、全日本女子バレーボールチームの情報戦略担当アナリストによる、勝つためのデータ活用法を紹介。時にはアナログな手法も使いながら、チームにデータを浸透させ、データを「武器化」して勝利をつかむ。その具体的アイデアを伝授。

「データを武器にする」

⇒バックナンバー一覧