ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
思い通りに相手を操る 交渉力養成ドリル
【第5回】 2009年6月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
内藤誼人 [心理学者]

交渉で即活用できる「メモとり」の技術

1
nextpage

あなたは「交渉がヘタ」と悩んでいないだろうか。しかし、心理テクニックさえ身につければ、誰でも思い通りに相手を操ることができる。この連載では、演習問題を多数出題し、交渉力を高めるコツを紹介していく。

Q:商談中メモをとるときに注意すべきことで、適切なものをひとつ選べ。

(1) メモに集中すべきで、話し手の視線を無視することになるのはやむをえない。
(2) メモには記録としての役割があるので、自分の意見や感想を書くことは控える。
(3) 黒板などに書かれたことばかりでなく、発言の内容や印象も書いておく。
(4) 話の要点を正確に記録することが目的なので、メモの文字はていねいに書く。
(5) 配布資料にあらかじめメモや印をつけておくことは、先入観を持つことになるので控える。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
グロービスMBAキーワード 図解 基本ビジネス思考法45

グロービスMBAキーワード 図解 基本ビジネス思考法45

グロービス 著/嶋田 毅 執筆

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年2月

<内容紹介>
アウトプットを最大化する、MBA必須の「考える技術」を一冊に集約。クリティカル・シンキング、問題発見・解決、アイデア発想、自己啓発など多方面から、知っていると武器になる思考ツールを45個厳選。「グロービスMBAキーワード」シリーズ最新作。わかりやすい、見やすい解説。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、2/5~2/11)


注目のトピックスPR


内藤誼人 [心理学者]

慶応義塾大学社会学研究科博士課程修了。(有)アンギルド代表取締役。現在は、企業研修や講演等で、心理学の法則をもとにした人材育成や販売促進、企画力促進などに力を注いでいる。著書に『「人たらし」のブラック心理術』(大和書房)、『人は「暗示」で9割動く!』(すばる舎)、『パワーセルフ』(ダイヤモンド社)ほか多数。


思い通りに相手を操る 交渉力養成ドリル

あなたは「交渉がヘタ」と悩んでいないだろうか。しかし、心理テクニックさえ身につければ、誰でも思い通りに相手を操ることができる。この連載では、演習問題を多数出題し、交渉力を高めるコツを紹介していく。

「思い通りに相手を操る 交渉力養成ドリル」

⇒バックナンバー一覧