ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
思い通りに相手を操る 交渉力養成ドリル

あなたは「交渉がヘタ」と悩んでいないだろうか。しかし、心理テクニックさえ身につければ、誰でも思い通りに相手を操ることができる。この連載では、演習問題を多数出題し、交渉力を高めるコツを紹介していく。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「思い通りに相手を操る 交渉力養成ドリル」の全記事一覧
  • 最終回 提案に説得力が増す「プラス一言」 

    [2009年10月05日]
    私たちは、“ほかの人”の影響に弱い。大勢の人が支持しているもの、賛成しているものは、自分も支持したり、賛成したくなってしまうのだ。そういった心理を巧みに利用し、自分の提案に説得力を持たせる一言を付け加えると効果的である。

  • 第19回 「得をした!」と思わせる値引きテクニック 

    [2009年09月28日]
    単に値引きをしたから相手が喜んでくれると考えるのは、早計である。どうせ値引きをするのなら、相手が心から満足してくれるような作戦をとろう。端数での譲歩にすぎなくとも、相手に「ずいぶん安くしてくれた」と感じさせることは可能だ。

  • 第18回 出だしで躓かない交渉の順序 

    [2009年09月14日]
    交渉の基本的なルールは、「衝突せずに、簡単に決まりそうなもの」からやっていくのがよい。最初に、うまく、ポン、ポンと話がまとまっていけば、その勢いで最後までまとめることができるからである。

  • 第17回 ビジネスで裏切られたら、やり返してもいいのか 

    [2009年09月07日]
    ビジネスでは「裏切り」を受けることが多い。しかし、こちらもそれをすると関係が壊れる、と協力的な態度をとるのは間違いだ。相手のほうがひどい対応をとってきたときには、遠慮する必要はなく、やり返せばよい。

  • 第16回 相手の譲歩を引き出すテクニック 

    [2009年08月31日]
    あなたは交渉が決裂しそうなとき、相手の譲歩を引き出すためにどのような作戦をとっているだろうか。もし「罪悪感」と「後悔」戦略をとっていたとしたら考え直すべきだ。下手に出すぎると、相手はあまり譲歩してくれないのだ。

  • 第15回 意外と成功する“オレ様”交渉術 

    [2009年08月24日]
    相手の話を聞くとき、「相手の立場を理解しつつ、相手に共感すること」がもちろん大切だ。しかしそれとは間逆で、交渉においては「相手の言うことに耳を貸さず、強引に自説を主張する」こともテクニックの1つとして有効である。

  • 第14回 「腹の探り合い」は無意味!
    “即”ホンネを引き出す交渉術 

    [2009年08月17日]
    あなたは交渉の際、取引先と“腹の探り合い”に終始していないだろうか。それではいつまで経っても交渉は進まず、決裂してしまう恐れもある。今回は、時間と労力をムダにしないとっておきの交渉術をご紹介しよう。

  • 第13回 お客が“満足する”値引きテクニック 

    [2009年08月10日]
    あなたは値引きの交渉の際、あっさりと応じてはいないだろうか。あまり簡単に要求が通ってしまったのでは顧客は満足できず、かえって不満にさえ感じてしまう。「じらせるだけじらす」ことが交渉では大切だ。

  • 第12回 頑張らずにライバルと差をつける方法 

    [2009年08月03日]
    競合他社を凌ぐために、相手の2倍も3倍も力を出せ、と言われたことがあるかもしれない。しかし、それは現実的ではなく、不可能なことも多い。そこまで頑張らずに勝るには、「相手より10分の1だけ前に出る」だけでよい。

  • 第11回 失敗しないための来訪客の待たせ方 

    [2009年07月27日]
    交渉の場合、約束の何分前までに準備をしておくのがよいだろうか。もし、相手を待たせてしまった場合、罪悪感があるため、その後の交渉でもあまり強く出られなくなるかもしれない。早く準備をしておくのに越したことはないのだ。

  • 第10回 相手を納得させる交渉テクニック 

    [2009年07月13日]
    他人を説得するのは非常に難しい。なにごとも「話せばわかる」というのは幻想であって、話したところで理解してもらえないのが人間である。では、どのように相手を納得させれば、最も効果的なのだろうか。

  • 第9回 お客から愛される「質問の仕方」 

    [2009年07月06日]
    あなたは商談中、相手が答えを言う前に、矢継ぎ早に質問をくり出してしまってはいないだろうか。実はその方法では、お客のホンネを引き出すことは難しい。お客から愛されるためには、質問をする際にもテクニックが必要だ。

  • 第8回 「人見知り」「付き合いベタ」を解消する方法 

    [2009年06月29日]
    人見知りで人付き合いが苦手な人は、「たくさんの友だち」を作ろうと手を広げすぎ、深い付き合いができないことが多い。そのため、いつまで経ってもうまくいかないのだ。では、付き合いベタを解消するにはどうすればよいのだろうか。

  • 第7回 交渉では自分の「チアリーダー」に話しかけろ! 

    [2009年06月22日]
    商談では、「地位の高い人」や「権限を持っている人間」に話しかけねばならないと思いがちだ。しかし、交渉の勢いを自分に引きつけるためには、自分の味方になってくれ、波長の合う「チアリーダー」に話しかける方が有利だ。

  • 第6回 「自分に得意な話題」で交渉の先手を切れ! 

    [2009年06月15日]
    「自分の得意な話題」を中心にしてビジネス会話を進めるは、避けるべきだ。しかし、「自分の得意な話題」を使うこと自体は悪いことではない。会話のウォームアップにより、不安がなくなり、魅力的な自分を演出することができるからだ。

  • 第5回 交渉で即活用できる「メモとり」の技術 

    [2009年06月08日]
    メモは、自分の頭の中をはっきりさせる効果があるのである。つまり、メモのとり方がうまくなることは、それだけ仕事に関する自分のスキルを高めてくれるだろう。では、交渉の場で必要な「メモとり」の技術とはどんなものだろうか。

  • 第4回 相手を思い通りにできる「あいづち」の打ち方 

    [2009年06月01日]
    誰しもがあいづちの重要性はわかっているのに、具体的なやり方を知っている人は、驚くほど少ない。しかし、正しいあいづちを打つことによって、思い通りに相手を誘導でき、さらに自分を「優秀」に見せることも可能なのだ。

  • 第3回 アメリカ人よりイスラエル人の方が
    交渉上手な理由 

    [2009年05月25日]
    交渉が難航してくると、交渉期限が気になってくるだろう。しかし、急いだ交渉には、不利益がつきもの。「交渉期限なんて、どうでもいい」という態度をとるほうが、結果として、多くのものを得る場合が多いのだ。

  • 第2回 交渉では、自分と他人のどちらを優先すべきか 

    [2009年05月18日]
    交渉において「相手の立場を理解すること」は大切だ。しかし、ビジネスである以上、他人ばかりを優先し、自分の感情を押し殺す必要性はあるのだろうか?

  • 第1回 交渉の「ゴールデン・ルール」 

    [2009年05月07日]
    「交渉がヘタ」と悩んでいても、心理テクニックさえ身につければ相手を思い通りに操ることは可能だ。第1回は、交渉をする上で最も大切な「ゴールデン・ルール」について説明していこう。

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事