ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ユーザー数世界3億人を突破!
「LINE」のコンセプトのすべてを語ろう
――舛田淳・LINE執行役員に聞く【前編】

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第31回】 2013年12月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
LINEの事業戦略を担当する舛田淳執行役員 Photo by Toshiaki Usami

無料の通話・コミュニケーションアプリとして若者を中心に圧倒的なシェアを獲得している「LINE」。2011年6月のサービス開始以来、急速にユーザー数を伸ばし、いまや世界3億人が利用する“モンスター”サービスとなった。ほかのソーシャルメディアやコミュニケーションツールと、LINEのコンセプトやビジネスモデルは何が違うのか。そしてLINEはこれからどこへ向かうのか。LINEの全体戦略とマーケティングを担当する舛田淳執行役員に聞いた。(取材/ダイヤモンド・オンライン編集部 原 英次郎、指田昌夫 構成/平 行男)

世界の知らない人とつながるより
親しい人とアツくなりたい

――そもそもLINEはどういうものなのか、あらためてコンセプトからご説明ください。

 これまでのインターネットサービスは、「場所を超えて知らない人とコミュニケーションができる」という新たな可能性に注目が集まり、技術的にも進化してきました。それに対してLINEは、「知っている人同士のコミュニケーションをよりホットにしよう」と。これが大コンセプト、哲学といってもいいでしょう。フェイスブックは世界70億人をつなげようとしていますが、我々はそんなにつなげなくてもいい。日常生活にあるスモールグループ、つまり家族や恋人、友だちのグループをたくさんつくって、結果的に世界で利用されるサービスになればいいと考えています。

 したがってLINEの特性は「コミュニケーション」にあり、基本的な機能は無料で提供されなければなりません。ですので今後とも有料化する考えはありません。ただ、フリーのサービスであってもビジネスを展開していくために、2012年に「プラットフォーム構想」を発表しました。人と人とをつなぐコミュニケーションツールから、人とコンテンツ、人とサービス、人と企業をつなぐプラットフォームへ転換しようと考えたわけです。

LINEの売り上げの6割はゲーム

――現在はどのようにして収益を得ているのか、ビジネスモデルについて教えてください。

 大きく分けて3つのビジネスモデルがあります。1つめはスタンプです。トーク(チャット)をする際に使うイラストで、海外ではステッカーと呼んでいます。無料でも多くのスタンプを提供していますが、トークをより楽しみたい、感情のニュアンスを表現したいというユーザーが、オプションとしてディズニーやサンリオなどの有料スタンプを購入します。スタンプの売り上げはグローバルで月間10億円を超え、当社の売り上げの約2割を占めます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

IT insight

情報家電、インターネット、ソーシャルメディア、携帯電話など、ITツールの最新情報に加え、激動の市場を勝ち抜くIT企業の戦略、ITを駆使した新しい企業経営の姿などを伝える。ITエグゼクティブや編集部の視点から、ITビジネスの最前線を徹底分析する。

「IT insight」

⇒バックナンバー一覧