ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

増加傾向なのに認知度はまだ12%
子連れ再婚で直面する「ステップファミリー」とは

小川 たまか
【第154回】 2013年12月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
「ステップファミリー」という言葉を知っていますか?
拡大画像表示

 「ステップファミリー」という言葉をご存知だろうか。離婚・再婚によって血縁関係のない親子関係が1組以上含まれる家族関係のことを言うが、日本法規情報(東京都港区)の行った調査によれば、この言葉の日本での認知度は12%と低い。ただし「ステップファミリー」自体は今後増加傾向にあると想定され、支援団体も設立されている。

 調査期間は11月11日~30日。調査対象は1354人(男性525人、女性829人/未婚681人、既婚673人/扶養する子ども有445人、独立した子ども有84人、扶養する子どもと独立した子どもの両方有45人、子どもなし780人)。調査方法はインターネット。

再婚カップルは80年代の約2倍
「ステップファミリー」への印象は?

 厚生労働省が2006年に発表した結果によると(参考1参考2)、離婚経験者が5年以内に再婚した割合は1997年から2002年にかけて男性が約30%、女性が約27%。また、2005年の統計では、婚姻した男女のうちどちらかまたは両方が再婚だったケースは約4分の1にあたる25.3%だった。1980年の調査では全体の12.7%で、当時と比べて再婚による結婚が増加していることがわかる。

 このうち何割が子連れ再婚だったかは調査で明らかにされていないが、再婚の割合が増えていることはステップファミリーが増加していると考えて良いだろう。

「ステップファミリー」に対する印象は?
拡大画像表示

 しかし、冒頭でも述べた通り、ステップファミリーという言葉の認知度はまだ高くない。さらに、「ステップファミリー(どちらかに子どもがいる場合の再婚ケースの家族)」に対しての印象を「いいことだと思う」「賛成でない」「うまくいくのか懐疑的である」「どちらでもない」という選択肢で聞いたところ、順に27%、3%、34%、35%という結果となった。「賛成でない」という完全な反対派は少ないものの、懐疑的に考えている人も3割以上。また、「どちらでもない」と答えた人が35%という結果からは、こういったケースに対してどう判断していいのか戸惑いを感じている人の多さと考えることもできるだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ザ・世論~日本人の気持ち~

価値観が多様化し、隣の人の考えでさえ分かりづらい現代。注目のテーマについて、みんながどう考えているか気になるところだろう。この連載では様々な統計、調査結果等を取り上げ、その背景にあるトレンドや人々の意識を分析。現代の「日本人の気持ち」=「世論」を探っていく。

「ザ・世論~日本人の気持ち~」

⇒バックナンバー一覧