ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野村克也の【野生の教育論】
【第2回】 2013年12月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
野村克也

【第2回】
“野生”を感じさせなかった「楽天vs巨人」
2013日本シリーズ

1
nextpage

このたび、『野生の教育論』を刊行したばかりの野村克也氏(78)が、2013年日本シリーズ「楽天vs巨人」の感想をズバリ直言してくれた。元教え子たちの活躍を知将は、どう見たのだろうか?

全7試合を観た率直な感想とは?

野村克也(のむら・かつや) 1935年京都府生まれ。テスト生として南海に入団。1965年、戦後初の3冠王。首位打者1回、本塁打王9回、打点王7回、MVP5回を獲得。35歳で選手兼任監督となり、8年間でAクラス6回、1973年リーグ優勝。ロッテ、西武でプレーし45歳で引退。「野村スコープ」で話題となった9年間の解説者生活を経て、1990年からヤクルト監督。弱小球団の選手たちに闘争心と人間教育を中心とした教養を植えつけ、リーグ優勝4回、日本一3回へ導く。阪神、社会人・シダックス監督を経て、2006年から楽天監督。田中将大を1年目から11勝&新人王に育てる。2009年、球団初のクライマックスシリーズに進出。宮本慎也、稲葉篤紀ら多くのWBC日本代表を育てた。現在、日本体育大学客員教授。

 2013年の日本シリーズは、楽天が巨人を4勝3敗で下して幕を閉じた。
 シリーズ初出場となる創設9年目の最も新しい球団が、12球団随一の伝統と戦歴を誇る名門を破って日本一になったことは素直に評価したいし、なによりいまなお震災の被害に苦しむ東北の人々に夢と希望と勇気を与えたことは「野球の底力」を見せつけるものであった。

 しかし、純粋に試合内容だけを見た場合はどうだったか──正直、私は失望したと言わざるを得ない。

 「これが日本一を争う戦いなのか……」

 それが、全7試合すべてを見た私の率直な感想だった。

 とりわけ私を落胆させたのは、
「おれたちは日本一を決める戦いをしているんだ、どんなことをしても勝ってやるんだ!」という気概や気迫が、楽天、巨人の双方から伝わってこなかったことだった。

このシリーズはオープン戦か?

 すなわち「野生」が感じられなかったのである。一触即発のエキサイティングな雰囲気、一球をめぐる緊迫感や、観る者をハラハラドキドキさせるようなシーンはほとんどなかったと言っていい。

「これはオープン戦なのか?」

 そう錯覚してしまったほどだった。
 とりわけ、連覇を目指した巨人の戦いぶりにはがっくりさせられた。
 巨人の選手たちの顔からは、闘志のかけらすら感じることができなかった。
前回述べたように、野生は知性を誘発する。根底に野生がなければ、知性は生まれえない。

 闘志の感じられない巨人からは、当然、創意工夫している様子も伝わってこなかった。

「巨人が勝つためには、楽天のキャッチャーである嶋基宏のリードを研究すればいい」

 日本シリーズ前から私はそう考えていた。
 というのは、嶋のリードは非常にわかりやすいのだ。
 ピンチになると外角一辺倒。変化球が2球続けば、次も変化球である。

 こうした傾向を事前に把握し、ミーティングなどで確認・徹底させておけば、たとえピッチャーが田中将大であろうと、攻略は可能なはずなのである。
 しかるに、巨人ベンチは、嶋のリードに関する基本的な情報すらもっていなかったようだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


野村克也(のむら・かつや) 

1935年京都府生まれ。テスト生として南海に入団。1965年、戦後初の3冠王。首位打者1回、本塁打王9回、打点王7回、MVP5回を獲得。35歳で選手兼任監督となり、8年間でAクラス6回、1973年リーグ優勝。ロッテ、西武でプレーし45歳で引退。「野村スコープ」で話題となった9年間の解説者生活を経て、1990年からヤクルト監督。弱小球団の選手たちに闘争心と人間教育を中心とした教養を植えつけ、リーグ優勝4回、日本一3回へ導く。阪神、社会人・シダックス監督を経て、2006年から楽天監督。田中将大を1年目から11勝&新人王に育てる。2009年、球団初のクライマックスシリーズに進出。宮本慎也、稲葉篤紀ら多くのWBC日本代表を育てた。現在、日本体育大学客員教授。


野村克也の【野生の教育論】

楽天監督として、田中将大投手と嶋基宏捕手に1年目から人間教育を中心とした教養と闘争心を植えつけ、2009年に球団史上初のクライマックスシリーズ出場を果たした野村克也氏。その田中将大が今年「連勝記録世界新」を達成。楽天は日本一に輝いた。ID野球など「知力の教育方針」が強調されてきた野村氏だが、野村氏自身、「知性の人」の前に「野生の人」だったという。その真意とはなにか?南海、ヤクルト、阪神、楽天時代の豊富なエピソードをもとに、草食系といわれる選手たちにどうやって闘争心と教養を植えつけたか。このたび、『野生の教育論』を発売したばかりの野村氏が田中将大の「連勝記録世界新」の秘密から
2013年日本シリーズ「楽天vs巨人」の舞台裏を紹介する。

「野村克也の【野生の教育論】」

⇒バックナンバー一覧