ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]
【第4回】 2013年12月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
奥野宣之

読書ノートは読み返せば効果倍増。
自分をつくる読み返し方とは?

1
nextpage

読書ノートは読み返さないと宝の持ちぐされだ。ノートには自分の発見がたくさん隠されている。では、どのようにノートを読み返し、自分をつくることに役立てていけばいいのだろうか?シリーズ累計50万部の『読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』から、そのコツを紹介する。

アウトプットするから財産にできる

 今回は、自分の考えを深めていくための読書ノートの使い方についてお話しします。

 とりとめのないことを人に話しているうちに、自分が何を考えているのかだんだんわかってくる。このような経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。書いたり、話したりするためには、支離滅裂な思考を再構築し、相手に伝えるために言語化しなければなりません。

 その意味で、人に教えるのは、もっとも身近なアウトプットと言えるでしょう。自分ではよくわかっているつもりのことでも、しゃべったり書いたりするとなると調べなければならないことがたくさん出てきます。講演や本の執筆も一緒です。

 自分ではよく知っているつもりのことでも、いざ人前で発表するとなると、出典やデータ、理解などの曖昧な点をつぶして、体系的な知識を組み立てておかなければならない。結果的にほとんど一から学び直すようなかたちになって、その手間に愕然とすることもよくあります。

 それでも、この苦労に直面したことがある人は、そこらへんの半可通とは一線を画すことになるでしょう。政治の話は日本中の床屋で行われているし、政治記者だってたくさんいるけれど、まとまった政治評論となると、書ける人はほとんどいません。情報がいくらあったとしても、アウトプットをしないと体系的な知識にはならないわけです。

 つまり、人はよく知っているからしゃべったり本を書いたりできるのではなく、講演したり文章を書いたりするから、より高度に「知る」ことができるのです。その意味では、読書ノートを書くときに、

 「どの文章を抜き出すか」
「それにどうコメントを書くか」

 と判断したり考えたりすることは、アウトプットの第一歩と言えます。その読書ノートを書きっぱなしにせず、気になったことが出てきたら、ノートをこまめに見返したり、ときには、今まで読んできた本のリストとして眺めてみたりする。これは、アウトプットの繰り返し、駄目押しと言ってもいいかもしれません。そうやって、自分の情報の咀嚼に、さらに咀嚼を加えていくのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


奥野宣之

1981年大阪府生まれ。同志社大学文学部でジャーナリズムを学んだあと、出版社、新聞社の記者を経て『情報は1冊のノートにまとめなさい』で著作デビュー。独自の情報整理術や知的生産術がビジネスパーソンを中心に支持を集め、第2弾『読書は1冊のノートにまとめなさい』、第3弾『人生は1冊のノートにまとめなさい』と合わせたシリーズは累計50万部を超えるベストセラーとなった。ジャーナリストの経験を活かし、ウェブや雑誌のライターとして活動するかたわら“ノート本作家”として、メディア出演・講演などでも活躍中。仕事に活かせるノートや文具の活用法、本とより深く付き合うための読書法、人生を充実させるライフログの技術、旅行や行楽を楽しむための旅ノート・散歩ノートの技術など、活動の幅は広い。趣味は古墳めぐりと自然観察。ついでに写真撮影。仕事だけでなく家庭や趣味でもノートを使いこなすライフスタイルは、NHKやTBSでも放送され反響を集めた。その他著書は『旅ノート・散歩ノートのつくりかた』『知的生産ワークアウト』『「処方せん」的読書術』『新書3冊でできる「自分の考え」のつくり方』など多数。

 


読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

なぜ、読んだのに覚えていないのか? 全面改訂! 100円ノート読書術。累計50万部突破の人気シリーズ第2弾。読みっぱなしでは意味がない! 多読速読より1冊ずつきちんと向き合いながら、ノートを使って頭に残す読書術。新手法を大幅増補した全面改訂版。この連載では、『読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』から一部を抜粋してご紹介します。

「読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]」

⇒バックナンバー一覧