ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「アメーバ経営」の基本を知る

あらゆる業種に広がるアメーバ経営

森田直行 [KCCSマネジメントコンサルティング代表取締役会長]
【第4回】 2013年12月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

門外不出のアメーバ経営を社外に導入

 当初、「アメーバ経営」は京セラグループで門外不出と言われていました。しかし、稲盛名誉会長に「この素晴らしい経営手法を公開し、日本企業の経営に役立てたい」とお願いし、承認を得て導入コンサルティングを開始し、24年が経過しました。この間の導入企業は既に500社を超えています。

 図表1は導入企業の業態別・業種別です。

 当初は京セラと同じ製造業中心にコンサルティングを開始したことから、製造業が55%を占めていますが、その後、飲食店や冠婚葬祭などのサービス業、卸・小売などの流通業でも導入が進んできました。

 また最近では、大学・学習塾などの教育機関でも活用が進んでいます。教育機関も児童・学生の減少で大変厳しい経営となっていますので、「利益」は目的ではないかもしれませんが、授業料をベースにして健全な運営を行うことが重要な課題となっています。また前回ご説明しました医療・介護分野では、38法人で50を超える施設に導入され、さらに着実に増加しています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

森田直行 [KCCSマネジメントコンサルティング代表取締役会長]

もりた・なおゆき/1967年京都セラミック(現京セラ)入社、87年取締役、95年専務、同年京セラコミュニケーションシステム(KCCS)代表取締役社長に就任。2006年京セラ副会長、KCCSマネジメントコンサルティング(KCMC)代表取締役社長、現在はKCMC会長、KCCSモバイルエンジニアリング会長、中国「京瓷阿美巴管理(上海)有限公司」董事長を務める。 また2010年、日本航空再建のため日本航空インターナショナルにて稲盛会長補佐、日本航空の副社長に就任、再建を果たした2012年に退任し、特別顧問就任(2013年退任)。


「アメーバ経営」の基本を知る

JALの再生で注目を集めるアメーバ経営。中堅・中小企業向きと思われていたが、巨大企業も蘇らせた。京セラ副会長、JAL副社長を務めたKCCSマネジメントコンサルティングの森田直行会長が、様々な切り口からアメーバ経営を紐解き、その基礎と神髄を余すところなく伝える。

「「アメーバ経営」の基本を知る」

⇒バックナンバー一覧