ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
消費税増税2014徹底攻略!

泣いても笑っても消費税増税は来年4月から!
「漠然とした不安」を捨て、影響と課題を直視せよ

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第1回】 2013年12月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

もう対策は始めているか?
来年4月にやって来る消費税増税

 日本の国論を二分した消費税増税が、いよいよ迫ってきた――。

 10月1日、安倍政権は増税を正式に発表した。これにより、今まで5%だった消費税率が2014年4月1日から8%に、翌15年10月1日から10%に引き上げられることが決まった。

 アベノミクスで円安、株高が続き、景気回復基調が鮮明になってきたとはいえ、実体経済への効果については諸説あり、デフレ脱却への明確な道筋はまだ見えていない。デフレ時の消費税増税はGDPに悪影響を与え、景気を腰折れさせると言われる。増税決定前には反対意見が噴出し、侃々諤々の議論が繰り広げられた。

 いずれにせよ、泣いても笑っても、来年4月から消費税率は上がる。ならば我々は、そろそろ現実的な視点に立ち、今から増税の影響をできる限り詳しくリサーチし、対策を練っておくべきだろう。

 消費税増税は、日本の景気動向を少なからず左右する可能性がある。それは、消費者相手の商売を行う企業の事業計画や、そこで働く我々ビジネスマンの業績にも大きなインパクトを及ぼす。一方で我々は、会社を出れば一消費者でもある。モノやサービスを購入するとき、増税の影響は我々の家計を直撃する。生活のあらゆる側面に、消費税の影響は出て来るのだ。

 そこでダイヤモンド・オンラインでは、連載「消費税増税2014 徹底攻略!」を開始する。本連載では、消費税増税の論点を「景気」「ビジネス」「個人ライフ」の3つのポイントから、各分野の専門家の意見を交えながらわかり易く検証し、お伝えしていく。大増税時代を「攻略」するための一助にしてほしい。

 具体論は後の回に譲るとして、連載第1回では今言われている消費税増税の影響と、我々が理解しておくべき課題を俯瞰しておこう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


消費税増税2014徹底攻略!

2014年年4月から、消費税率が5%から8%に引き上げられる。さらに1年半後には10%にまでの引き上げも待っている。前回の1997年の引き上げ以来、17年ぶりの消費税増税だけに、どのような影響が出るか、どんな準備をしたらいいのか迷うことも多い。景気にはどのような影響が出るのか、ビジネス上ではどんな準備をすればよいのか、個人の生活はどう守ればいいのか。「マクロ景気」「ビジネス」「個人生活」の3つの視点で、消費税増税を乗り切る「術」を考える。

「消費税増税2014徹底攻略!」

⇒バックナンバー一覧