ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
消費税増税2014徹底攻略!

ビジネス編(第3回)販促
駆け込み需要は3月に急増
この事態にどう対処するか
――販促コンサルタント 竹内謙礼

竹内謙礼 [販促コンサルタント]
【第4回】 2014年1月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

消費増税を3ヵ月後に控えているのに、いまだに駆け込み需要が盛り上がってこない。が、心配めさるな。前2回の増税でも駆け込み需要は3月に集中。駆け込み需要は高級品から日用雑貨までまんべんなく発生する。来るべきその時に備えて、どのような準備が必要かを考えてみよう。

電通は駆け込み需要の
市場規模は9兆円と予想

 「消費税の増税ぐらいで、駆け込み消費なんか起きませんよ」

 そう思っている人は思いのほか多いと思います。実際、昨年10月に出版した私の著書『消費税アップを逆手に取る販促テクニック』 (双葉新書)は、そのように思った編集者が多かったらしく、複数の出版社で企画がボツになりました。

 しかも、ようやく双葉社の尽力によって出版までこぎ着けたのですが、いまだに増刷がかからず、ぼちぼちの売れ行きの状況です(内容は自画自賛でとっても良いのですが……)。まさに消費税の増税に向けた、駆け込み消費に当て込んだ本の出版。このような状況では、経営コンサルタントとして面目が立ちません。

 「このまま駆け込み消費なんて起きずに、私の本は売れないのではないか」

 そんな不安な思いでいるなか、昨年11月20日の日経MJの紙面において、電通から消費税増税による駆け込み消費の予測が発表されました。

 内容を簡単にまとめると、次の通りです。

・1997年の消費税増税に比べて、2014年は1.7倍の消費規模がある
・駆け込みの消費市場は9兆円規模
・そのうちファッション衣料は5割増の1兆6000億円
・スマホやタブレット等の情報家電の売上は通常月の3割増
・昨年6月に行われた電通の消費者調査によると、約7割の人が「駆け込み消費をする」と回答

 と、景気のいい話がズラズラと発表されました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹内謙礼 [販促コンサルタント]

たけうち けんれい/1970年生まれ。経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。現在は雑誌や新聞に連載を持つ傍ら、全国の商工会議所や企業等でセミナー活動を行う。日経MJにおいて毎週月曜日「竹内謙礼の商ビズNOW」を連載中。著書に『消費税を逆手に取る販促テクニック』(双葉社)『安売りしないでお客をがっちりつかむ技術』(日本経済新聞社)、「会計天国」(PHP研究所)ほか、多数。
週刊 竹内謙礼のボカンと売れる講座!!

 


消費税増税2014徹底攻略!

2014年年4月から、消費税率が5%から8%に引き上げられる。さらに1年半後には10%にまでの引き上げも待っている。前回の1997年の引き上げ以来、17年ぶりの消費税増税だけに、どのような影響が出るか、どんな準備をしたらいいのか迷うことも多い。景気にはどのような影響が出るのか、ビジネス上ではどんな準備をすればよいのか、個人の生活はどう守ればいいのか。「マクロ景気」「ビジネス」「個人生活」の3つの視点で、消費税増税を乗り切る「術」を考える。

「消費税増税2014徹底攻略!」

⇒バックナンバー一覧