ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

グーグルがアンドロイドで車載器事業に本格参入!
「マツダコネクト」は独自SDK発表で注目集中!
次世代型テレマティクス・戦国時代を読み解く

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第171回】 2014年1月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2014年1月7日午前10時、世界最大規模のエレクトロニクス展示会「CES2014」(International Consumer Electronics Show 2014、於米ネバダ州ラスベガス)で、ドイツの自動車メーカー・アウディの記者会見にメディアが殺到した。ネタは、「OAA(オープン・オートモーティブ・アライアンス)」だ――。

 グーグルが米サニーベールで、アウディが独インゴルシュタットで、ホンダが東京で、ヒュンダイがソウルで、そして半導体大手のnVIDIAが米サンタクララで2014年1月6日、携帯電話OSの「アンドロイト」を使った車載器に関するプレスリリースを同時に流した。これが「OAA」だ。

カーナビのOSがアンドロイドに!?
グーグル等が発表した「OAA」とは

CES2014でのアウディ記者会見。電機関連部門の責任者、リッキー・フッディ氏が自動運転用の新型制御ボードを披露。ここでも、OAAで連携しているnVIDIA社の製品を使用 Photo by Kenji Momota

 ちょうどその日は、CES2014のプレスデーにあたり、ラスベガスのマンダレイベイホテルで開催されたGMとnVIDIAの新商品発表の席では、「OAA」の詳細発表についての期待が高まった。だが、両社は「OAA」については触れなかった。そして、その日の午後8時30分からラスベガスのコスモポリタンホテルで行われた「CESキーノートスピーチ」で、アウディのIT系開発担当責任者が「OAAについては明日、(CES2014の)本会場の記者会見で説明する」と話したのだ。

 そして迎えた7日、会見でアウディのCTO(チーフ・テクニカル・オフィサー/技術統括責任者)のリッチ・ハッケンバーグ氏、電機関連部門責任者のリッキー・フッディ氏らが記者の質問に答えるカタチで説明した。要旨は以下のとおりだ。

・グーグルとは2004年からナビゲーション等で連携しており、OAAの参加は自然な流れ。
・世界のスマートフォン市場でアンドロイド端末のシェアが約80%で ある現状を考慮すれば、OAAへの参加は当然。
・グーグルだけではなく、アップルとも当然、コミュニケーションを取っている。iPad、iPod、iPhone等と車載器の接続は量産化している。(OAAの参加は)アップルとの現状の関係とは別のこと。アップルとの信頼関係を損なうものではない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧