ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シリーズ・日本のアジェンダ 私たちは原発をどうするのか

私たちは原発をどうするのか?
未だ問題山積の論点を整理する

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第1回】 2014年1月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「もう、官邸では原発再稼働へ向けた新たな論点や障壁はないと見ているんじゃないか」

 多くの企業が仕事始めだった1月6日の週、ある政府系政策会議の民間議員はこう話していた。現在停止している原子力発電所の再稼働が2014年に順次始まるというのが、政財界の一致した見方だった。

 ところが翌週、風向きが一気に逆になる。14日、細川護煕元首相が小泉純一郎元首相の全面支援を受けて、「脱原発」を旗印に東京都知事選挙に立候補すると表明したからだ。

 安倍晋三首相をはじめとした現政権からは「エネルギー政策は東京都だけでなく国全体の問題。東京都としての課題もバランスよく議論すべき」「東京都だけで決める政策課題ではない」といった発言が相次いだ。

二人の元首相がぶち上げた狼煙
議論は再び盛り上がるのか

 東日本大震災直後から盛り上がっていた反原発運動は、ここ最近は一時の勢いは見られず、下火になっていた。

 2012年12月に行われた衆議院議員選挙では、原発ゼロを掲げていた当時の与党・民主党をはじめとした政党は軒並み振るわず、「脱」や「卒」、「ゼロ」とは明確に掲げていなかった自民党が圧勝。2013年7月に行われた参議院議員選挙では、「国が責任を持って、安全と判断された原発の再稼働については、地元自治体の理解が得られるよう最大限の努力をします」と主張した自民党が、またも圧勝した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


シリーズ・日本のアジェンダ 私たちは原発をどうするのか

2013年12月初旬、政府は新たに策定するエネルギー基本計画のなかで、原子力発電を「重要なベース電源」とする方針を決定した。国民的なムーブメントとなった「反原発運動」は、以前ほどの盛り上がりは見せていない。それは「安全が確認された原発は再稼働する」という方針の自民党が政権を奪還したことによって、世間が一種の諦めを感じたようにも映る。しかし、本当にそれでいいのだろうか。福島第一原発の事故処理や東京電力の再建など、問題は依然として残る。私たちは、原発をどうするのか。「反原発」「原発推進」などそれぞれの立場の識者や専門家による寄稿やインタビューで、この答えの問いを探る。

「シリーズ・日本のアジェンダ 私たちは原発をどうするのか」

⇒バックナンバー一覧