ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
逆境経営 ~山奥の地酒「獺祭」を世界に届ける逆転発想法~
【第6回】 2014年1月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
桜井博志 [旭酒造株式会社 代表取締役社長]

商品は王道を歩ませ、安易にブレない!
「みんなが大好き」な品質を追求する

1
nextpage

伝統産業にあって型破りな経営改革を断行する間の七転び八起きを支えた、合理的思考法と熱いスピリットをまとめた『逆境経営 〜山奥の地酒「獺祭」を世界に届ける逆転発想法』(1/17刊行)から一部をご紹介していく連載第6回。より広い市場を目指して海外販売を強化する<獺祭>は、「日本で成功している」「日本人が美味しいと思っている」そのままのスタイルの酒を、欧米でも理解してもらうことにこだわります。著者である桜井博志・旭酒造社長は、1/16(木)のテレビ東京系列『カンブリア宮殿』に出演!ワインが異文化との衝突によって、いっそう洗練されたように、<獺祭>もまさにその途上にあると信じています。

 旭酒造は過去に、地元・山口県で大手や地元の有力酒蔵に負け続け、だからこそ東京へ進出しました。狭い市場でシェア競争をやっても勝てないことは、身に染みています。

 ならば、東京をはじめとする国内の大消費地の次は?
 海外へ出て行こう。そう考えるのが普通です。

 好むと好まざるとにかかわらず、アルコール飲料の世界も国際化が進んできました。ワインやウイスキー、ビールなど、海外で発祥した酒類が、当たり前のように日本に入ってきています。ですから、日本の国内だけを日本酒の市場と考えれば、侵略される一方です。
 業界全体から見ても、弊社だけの立場から見ても、さらなる未開拓な大地を目指した海外への輸出というのは、当然の選択だと思います。

同郷のユニクロ(ファーストリテイリング)のニューヨーク店開店の鏡開きは獺祭で。

 現在、私たちの酒は約20ヵ国に輸出していますが、なんと言っても売り上げが大きいのは、一番にアメリカです。中でも、ニューヨークは進取の精神に富んだ都市の性格からして、一番大きな市場です。
 ところが、これまでも述べたとおり、ニューヨークを見ているとフランスの影響を色濃く受けているのが分ります。たとえばニューヨークの高級レストランは、フランス人かフランス訛りの英語を話すアメリカ人を置かないと成功しない、といわれるようです。実際行ってみて頂ければ、ジャン・ジョルジュやブーレーをはじめ、日本でも知られているレストランのスタッフは、フランス人ばかりです。

 そんなことからニューヨーク攻略のためにも、まずはパリが重要です。旭酒造ではニューヨークとパリを主要市場に想定して輸出戦略をたてています。昔、“ミュンヘン・札幌・ミルウォーキー”といったのはビール会社でしたが、旭酒造にとっては“東京・パリ・ニューヨーク”という3つが、地球儀の上の重要拠点です。

 では、そこにどんな商品を出しているかというと、日本の市場にお出ししている酒とまったく変わらないものを出すことを基本としています。つまり、日本で売れているものを出す、という考え方です。
「日本で成功している」「日本人が美味しいと思っている」酒を、そのままのスタイルで、欧米にも理解・納得してもらうことを目指していかないと、たとえ一時的に売れたとしても、おそらく長続きしません。そして、日本酒業界にとっても決して良いことにはならないでしょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


桜井博志 [旭酒造株式会社 代表取締役社長]

1950年、山口県周東町(現岩国市)生まれ。家業である旭酒造は、江戸時代の1770年創業。1973年に松山商科大学(現松山大学)を卒業後、西宮酒造(現日本盛)での修業を経て76年に旭酒造に入社したが、酒造りの方向性や経営をめぐって先代である父と対立して退社。79年に石材卸業の櫻井商事を設立して集中していた。父の急逝を受けて84年に家業に戻り、純米大吟醸「獺祭」の開発を軸に経営再建をはかる。社員による安定的な旨い酒造りを目指し、四季醸造の実現や遠心分離機の導入など改革を進めた。2000年頃から始めた海外販売を本格強化するため、2014年のパリを皮切りに海外直営店を出店予定である。


逆境経営 ~山奥の地酒「獺祭」を世界に届ける逆転発想法~

純米大吟醸「獺祭」を展開する旭酒造は、約30年前、普通酒を主体とするつぶれかけの酒蔵でした。先代である父の急逝により、急遽三代目を継いだ著者は、目の前の常識を疑い、新たな酒蔵として生まれ変わるべく、改革を進めます。変革を可能にし、海外約20カ国に展開するまでに至った、熱い心と合理的思考法を紹介します!

 

「逆境経営 ~山奥の地酒「獺祭」を世界に届ける逆転発想法~」

⇒バックナンバー一覧