ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

富士重工業社長 吉永泰之 
次期中期経営計画の核心は
100万台拡販ではない

週刊ダイヤモンド編集部
2014年1月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

富士重工業が快進撃を繰り広げている。為替が好転する前にどの自動車メーカーよりも先駆けて復活できたのはなぜなのか。米国市場での一本足打法やトヨタ自動車との提携関係の“微妙さ”など、中長期的な課題にどう立ち向かうのか。吉永社長に真意を聞いた。

――米国販売が業績をけん引し、2014年3月期には過去最高の営業利益2780億円、営業利益率12%に達する見込みです(中期経営計画の目標値は16年3月期に営業利益1200億円、営業利益率6%)。富士重工業が、これまで経験したことのない“新天地”へ踏み出すことに不安はありませんか。

Photo by Kazutoshi Sumitomo

 ないですね。浮ついたことをやって、偶然このような結果になったわけじゃありませんから。社長に就任してから社内に、「規模の小さな会社なんだから、欠点の議論ばかりしていたって元気がなくなるだけ。スバルは強みに集中して、強みを伸ばした方が得策なんじゃないの?」って言い続けてきました。

 僕たちはコストが高いから、規模では大きなメーカーには勝てない。それでは、環境技術で勝負しようといっても、1997年にトヨタ(自動車)さんがハイブリッド車「プリウス」を出しているわけでしょう。広くあまねくすべてをやろう、と理想を掲げることは簡単ではあるけれど、実体がなければむなしいだけです。総花的に戦うのではなく、僕たちが勝てるかもしれないところに経営資源を集中しました。

 スバルが集中したのは「安心と楽しさ」。ぶつからない車のキャッチフレーズで有名になった衝突回避システム「アイサイト」もその典型例です。会社のルーツである、中島飛行機時代からの安全思想が脈々と受け継がれていて、今のスバルの安全基準の高さがあります。表面的な“言葉遊び”で宣伝しているわけではなくて、会社の本質的な強みを訴求することで、お客さまに受け入れられた。これは、本当に素晴らしいことですよね。

 一般の社員に、努力が報われてよかったね、と素直に言ってあげたい。本当に真面目な社員が多い会社なので…。ようやく、お客さまや取引先などいろんなところで褒められるようになって、社員みんながスバルは強くなったんだ、と実感しているんじゃないでしょうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧